育児中に学べるおすすめの資格5選:自宅学習でも取得しやすい!

「忙しい育児の合間をみて自分のためにも何かしたい」
「育児がひと段落したあと、職場復帰のために備えておきたい」

このように、自己啓発や再就職を目的に資格取得を目指すママさんは多くいらっしゃいます。

子育て中は勉強の時間を取ることが難しくなることが予想されるので、今回は自宅での勉強が可能で、かつ仕事に結びつきやすい資格5つをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

育児中に取得できるおすすめの資格5選

調剤薬局事務

調剤薬局事務は短期間で取得することが可能で、医療事務と並んで人気が高い医療・福祉系の資格です。

この資格を取って実務経験を積めば、どんな職場でも、いくつになっても働くことができると言われています。

しかも、調剤薬局事務の仕事は正社員から派遣社員、パートまで、多様な形態の求人があります。自分のライフスタイルにあった働き方を選べるので、育児や家事との両立を考える主婦の方々に人気です。

医療事務

医療事務として働くためには資格の取得は必須ではありません。

ですが、資格を持っていると即戦力とみなされ仕事が見つかりやすい上に資格手当がつくこともあります。医療事務で働くことを考えているならば、取っておくとよいでしょう。

医療事務の資格は多くの学校で取り扱っている上、通信教育もあります。また、書店に行けばテキストも豊富に出版されているので、自分にあったテキストで学ぶことも可能です。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSとは、エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品のスキルを証明できる資格です。

MOSは世界中で行われている認定資格のため、合格すれば世界で通用するスキルが証明できるという点が魅力の1つ。

社会人に必要不可欠なパソコンスキルを客観的に証明できるため、さまざまな企業で活用できます。また、就職や転職に利用できるだけでなく、作業の効率化にも役立つため、持っていてまったく損のない資格です。

簿記(2級以上)

簿記の資格を取得することで、会計知識や財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。

3級は比較的取りやすいと言われていますが、企業で求められるレベルは2級以上のことが多いため、2級以上を目指しましょう。

また、簿記の学習をするとビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、企業で働く予定のある方はもちろん、在宅で個人で仕事をしようという方にも役立つ資格といえるでしょう。キャリアアップを目指す方にも人気の資格です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、一言でいうと生活に密着したお金の専門家です。

住宅ローン、税制、年金、投資などの幅広い金融知識を身につけ、相談者のライフプランに合わせたお金のアドバイスをしていきます。

実務としてこの資格を活かすだけでなく、自身の家計の管理のために役立てることもできると主婦の方にも人気があります。

資格をどう活かしていくか

今回は5つの資格について紹介しました。このほかにも、育児中でも取得可能な魅力的な資格はたくさんあります。

資格を取り、どう活かしていきたいか。各資格の先にある働き方や活かせる仕事の研究をして、自分が目指したい生活を見据えた上でどの資格取得を目指すか決めていきましょう。

ライター