働くママの1日スケジュール:仕事と育児を両立させるコツを伝授!

最近は出産後も働き続ける女性が増えています。

そんな働く女性のために産休や育児休暇を取りやすく改善している企業が増加傾向にあると言われています。

今後ますます増えるであろう働くママたち。

仕事と育児を両立させているママの1日のスケジュールはどうなっているのでしょう。

あるママの一日のスケジュール

今回モデルとするママは、
・夫婦共働き
・子供は幼稚園に通わせている
・仕事と育児を両立している
ママです。それでは見ていきましょう!

5:00 起床

5:30 朝食準備、夕食の下ごしらえ

7:00 洗濯機を回す、こどもを起こす、朝食

8:00 子どもを保育園へ送る、仕事へ

9:00 仕事開始

17:45 仕事終了

18:30 子供を迎えに行く、夕食の買い物

19:00 夕食準備

19:30 夕食片付け、翌日の保育園準備、子供と過ごす

20:00 子供とお風呂

21:00 子供を寝かしつける、自分時間

23:00 就寝

このスケジュールから分かることは、「朝の時間をいかに活用できるか」ということと、「仕事を定時で終わらせられるか」ということ。

上記2つのポイントを詳しく見ていきましょう。

ポイント1:朝の時間!

1日のスケジュールをスムーズにこなす核となるのが朝の時間!

まだ体が疲れていない朝の時間、いかに動けるかで夜の夕飯の支度などの負担が軽くなります。

まずは、早起きを目指してみましょう。

子供がまだ寝ている時に落ち着いて食事の準備や身支度をできるだけ済ませます。子供が動き出すと目を離せず、また、何をするかわかりません。

ぐずってどんどん時間が過ぎていくかもしれません。飲み物をこぼすかもしれません。

そんな予期せぬ子供の動きを想定し、時間にゆとりをもつことで気持ちにも余裕が生まれるでしょう。

ポイント2:残業を減らす

会社を定時で上がる事ができるかできないか、も重要なポイントとなります。

定時退社が当たり前になっている職場は良いのですが、様々な仕事の状況や、仕事場での立場で定時退社がしにくい方もいると思います。

しかし、子育てと仕事を両立させるにはなるべく定時に上がれるように工夫してみましょう。

そのためには、周囲に理解してもらい、協力をしてもらうことも重要なスキルです。

定時までは仕事にベストを尽くす。周囲の方への感謝の気持ちや配慮も忘れずに良い人間関係を作る。それができれば定時で上がる事に後ろめたさを感じる事も少ないでしょう。

もしも「まだ周囲に理解してもらえない」という方は、自分の状況を話し「迷惑をかけてしまうこともあって申し訳ない」という気持ちを伝えてみるのもいいでしょう。

夫の理解と協力がもっとも大切

最後は、やはりなんといっても夫の協力でしょう。

夫の理解と協力がなければ途中で疲れきってしまいます。

子供を幼稚園へ送ることやゴミ出しなど、夫に頼める事は頼みましょう。夫にも様々な経験をしてもらうと母親の大変さを徐々に理解できたり、あなたが何を必要としているのかをわかっていってくれるはずです。

自分一人で頑張る必要はありません。できない時はできない。お願いできる事はお願いする。

育児も家庭も夫婦二人で支えていく意識をお互いに持つ事で自然と協力し合える環境になるはずです。

ライター