グランドスタッフが転職する理由とは:3年待たなくても転職に有利

広く言うとグランドスタッフは、空港で働くスタッフ全体を指します。一方、狭く言うとグランドスタッフは、従来グランドホステスと呼ばれていた職種を指します。

グランドスタッフ(グランドホステス)は人気が高くて、厳しい競争を勝ち抜いた優秀な人ばかりです。しかしながら、グランドスタッフの離職率はとても高く「辞めたがっている人9割」の職場という話も…。

グランドスタッフが離職する理由5つと、離職後おススメの転職先と転職のタイミングをご紹介します。

今まさに転職を考えているという人は、業界最大級の求人数を誇るリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

リクルートエージェントに無料で登録する

グランドスタッフを辞めたい理由5選

グランドスタッフが転職を決意する主な理由は、薄給、肉体労働です。労働条件でも厳しい面が多いので、それが原因で辞めることを決める人も多いです。

まずは一見きらびやかなイメージのグランドスタッフを辞めたくなってしまう理由を見てみましょう。

給料が安い

グランドスタッフは、高い英語力の他、入社当時からさまざまなスキルを有する優秀な人が多いです。にもかかわらず、グランドスタッフの給与は、一般の事務職と比べても決して高いとは言えません。

15年ほど前から、グランドスタッフの雇用形態のほとんどがJALやANAの子会社の契約社員や人材派遣となっているのが、大きな原因のひとつかもしれません。

肉体労働

グランドスタッフは、お客様の重い荷物を運んだり、出発間際にお客様を探して空港中を走り回ったりと、体力が必要な職種です。上品で華のあるイメージで入社すると、そのギャップに苦しむことがあります。

ギャップの代表的な仕事例がクレーム処理です。飛行機遅延のために乗り継ぎができない、機内で飲み物をこぼされた、予約したのに希望の座席がとれていない、などクレームの種類は様々です。

このようなクレームに対応するためには体力ばかりでなく、精神面でもタフでなくては務まらない仕事なのです。

不規則な生活

グランドスタッフは、24時間態勢のシフト勤務です。

シフトによっては早朝や深夜からの勤務もあるため、なかなか体にもこたえてくるんだとか。

勤務中は体力を消耗するうえに不規則な生活になりますから、体力的に厳しい職種と言えるでしょう。

休みが少ない

シフト制で土日休みもなく、長期休みなどは繁忙期のため休みは取れません。

また、1日休みがあったとしても前日深夜に仕事が終わって帰ってきて、昼ごろまで寝て、家事をしてたら翌日の早朝勤務のために寝るというような休日を送る人も多く、充実させるのは難しいようです。

休みも不規則なので、友だちや彼氏と予定を合わせるのも難しく、なかなか満足に休日を満喫できずストレスが溜まってしまうんだとか。

女性だとキャリアアップはまだ難しい

近年、女性の社会進出などをきっかけに、女性が管理職につくことも多くなりました。しかし、グランドスタッフではまだまだ女性がキャリアアップするには難しいようです。

育児休暇制度は整っているものの、管理職の女性は少ないです。また、女性の管理職がいたとしても、独身の方がほとんどです。

キャリアアップをして、給料を上げて、今よりももっと良い生活を送りたいと考えている方ほど転職していきます。

転職に有利なグランドスタッフのスキル

グランドスタッフの仕事は、厳しい反面さまざまなスキルを身に付けることができます。

グランドスタッフになるにはまず応募資格としてTOEIC600点程度以上、という高い英語力が求められることがほとんどです。そして、読み書きだけでなく英語でコミュニケーションできるスキルは、他業種でも重宝されます。

また、グランドスタッフは、正しい言葉遣いや立ち居振る舞いなどの接客マナーを徹底的に訓練します。このスキルは、どんな業種でも必要になりますから、高度な訓練を受けたグランドスタッフは有利です。

さらに、グランドスタッフは、お客様のさまざまなリクエストに応えるために、高いコミュニケーション能力、臨機応変に判断を下す判断力などを身に付けることができます。

グランドスタッフのオススメ転職先

いくら転職に有利とはいえ、すべての職業にグランドスタッフのスキルが役立つとは言えません。

グランドスタッフの経験を活かせる職業をかいつまんで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

CA(客室乗務員)

もともとはCAになりたかったけど、試験などで落ちてしまい、泣く泣くグランドスタッフになった方もいるのではないでしょうか?そうなのであれば、CAにもう一度チャレンジできるチャンスです。

もう一度夢を追いかけてみませんか?

ホテルのフロント

ホテルのフロントスタッフは、英語力、接客マナー、コミュニケーション能力、判断力など、グランドスタッフで培ったスキルの多くを必要とします。

また、ホテル側でもグランドスタッフからの転職者に注目していますから、最もおすすめの転職先と言えるでしょう。

企業の秘書・受付

企業の秘書や受付もグランドスタッフと共通するスキルを要求されます。また、外資系の企業では高い英語力も必要となりますから、おすすめの仕事です。

秘書や受付は、企業の顔ともいえる存在なので、今までの接客の経験なども生かせる最適な転職先かもしれません。

ツアーコンダクター

英語力を強みにして、同じ旅行業界のツアーコンダクターや通訳案内士などに転職する人もいます。コミュニケーションスキルも身についていれば、そこを強みにして職を探すことができるでしょう。

旅行が好きでグランドスタッフを選んだ方も多いはずなので、おすすめの転職先のひとつに選んでみてはいかがでしょうか。

ツアーコンダクターの仕事を探すなら、旅行総研がおすすめです。ほとんどの方が未経験ですが、旅行総研のサポートで、国内だけでなく海外のツアーコンダクターもできるようになるんだとか。

ツアーコンダクターに必要な旅程管理主任者の資格を取得するサポートもしてくれるので、まずはぜひ説明会に行ってみましょう。

通訳案内士

日本を訪れる外国人観光客に向けて、案内を行うのが基本的な業務です。

通訳案内士になるには国家資格を取らなければなりませんが、とくべつな受験資格がないため、グランドスタッフの英語力を持っていればそこまで難しくないでしょう。

また、どんな職業が向いているか自分ではあまり分からないという方は、リクルートエージェントをおすすめします。

専任のキャリアアドバイザーが、あなたの経歴や希望に沿った職業の求人を探して、紹介してくれるので、初めて転職される方も安心して利用できる転職エージェントです。

登録してからしか見られない非公開求人が10万件ほどもありますが、登録は無料で出来るので、まずはぜひ登録してみましょう!

リクルートエージェントのサイトを見る

グランドスタッフの転職タイミング

同じ職場で3年は働かないと転職に不利と言われていますが、これはグランドスタッフには当てはまりません。

理由としては、グランドスタッフが入社時点で英語力やマナーを身に付けている点、グランドスタッフの業務そのものは他業種で活かしにくい点が挙げられます。

そのため、グランドスタッフを辞める決断をしたなら、3年を待つことなく、できるだけ早く転職活動を開始することをオススメします。グランドスタッフとしての経験を重ねるより、若い方が転職に有利になると考えるべきなのです。

また英語力やマナーがすでに身についているグランドスタッフだからこそ、そのスキルを即戦力としていかせる可能性が大いにあります。自分の能力を持て余しているという方は、早めの転職をおすすめします。

第二新卒として転職を狙うべし

第二新卒とは、「新卒で入社して3年未満の求職者」という意味です。上でも説明しましたが、グランドスタッフはできるだけ早めの転職を心がけるべきです。

転職市場において第二新卒はとても需要があります。なぜなら、気の回復と共に新卒採用は激化しており、より優秀な学生を採用しようとするあまり、予定人数を採りきれない企業も多くなっています。

さらには3年以内で会社を辞めてしまう新卒も近年では増えています。今の会社をすぐに辞めたくなるのはグランドスタッフだけではないのです。こうした人材不足の背景があり、第二新卒を求めている会社が増えてきています。

とはいえ、何年かすれば第二新卒の需要がなくなるときも来るでしょう。この第二新卒としての立場が有利なのも今だけかもしれません。この先も第二新卒で転職できる保証はありません。

しかし、今転職するかどうかはあなた次第です。今は間違いなく第二新卒で転職しやすい時期。ぜひ、自分の心とよく相談して転職するかどうかを決めてください。

転職エージェントに相談する

初めての転職におすすめなのが、リクルートエージェントという転職エージェント。非公開求人が約10万件近く掲載されている業界でも最大手の転職支援サービスです。

それぞれの業界の専門知識を持ったプロの転職エージェントが、その人に合った転職先を消化してくれます。言いづらい年収の交渉なども代行してくれるので、精神的にも楽です。

まずはリクルートエージェントに登録して、自分のこれからの方向性を見定めてみてはいかがでしょうか。

リクルートエージェントに無料で登録する

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る