別居する方法とは:離婚より別居の方がお得?

旦那との仲も冷え切っていて、とにかく旦那から離れたいと思っていませんか?旦那と別れるなら離婚、という文字が頭の中に浮かんでいることでしょう。

しかし、離婚しても十分に生活していける経済的な余裕がない場合もあります。その場合は、まずは別居して離婚する準備をしましょう。

また、離婚すべきか別居すべきかで迷っている人もいるかもしれません。そこで、離婚と別居はどちらが良いのかについて、また、別居する方法についてご紹介します。

別居と離婚どちらが得なのか

とにかく早く旦那と別れたいという一心で離婚届に判を押そうとしている人は、ちょっと待ってください。以下の場合に当てはまる場合は、離婚より別居を選んだ方がお得です。

・離婚したあとの経済的余裕がない(貯金がない)
・子供が小さい

離婚に至る原因が100%旦那側にあって高額な慰謝料をもらえる場合であれば、離婚という選択肢でも問題ありません。しかし、性格の不一致など、旦那側から慰謝料をもらえない場合は別居が断然お得です。

子供がいるから養育費がもらえると思って離婚に踏み切ろうとしている方もいるかもしれませんが、別居中は旦那から生活費がもらえます。

一般的に養育費よりも生活費の方が高いので、生活費を継続的にもらえる方がお得。別居しながら離婚のために貯金し、貯金額が十分になったら離婚に踏み切るのがベストです。

また、子供が小さい場合、離婚したあとに1人で働きながら家庭も守るのは大変です。そのためにも、生活費をもらいながら、パートなどで無理なく貯金することをおすすめします。

離婚しないで別居することのメリット

旦那と離れたい一心で離婚しようと考える人は多いですが、離婚はデメリットも大きいです。離婚よりもまずは別居を選ぶことで、メリットが生まれることもあります。

経済的な安定が得られる

前章でもご紹介しましたが、別居を選ぶことで生活費を毎月もらえるため、経済的に安定するというメリットがあります。離婚してしまうと慰謝料を最初にもらうだけ、あるいは生活費より少ない養育費を毎月貰えるだけです。

また、生活費を毎月もらえることは精神的な安定にもつながります。さらに、離婚してしまうと養育費以外の生活にかかる費用は自分で稼がなければなりません。

とくに専業主婦の場合は、別居中を離婚に向けての準備期間とすることができ、仕事を探したり貯金をすることもできるでしょう。

自分の気持ちを見直すことができる

旦那とは離れたいけれど、本当に離婚した方がいいか迷っている人は多いのではないでしょうか。また、できれば離婚したくはないけれど、近くにいると夫婦仲が悪くなってしまうという場合もあります。

このような場合、離婚をしてしまうと縁を切ることはできますが、心にモヤモヤしたものが残ってしまいます。離婚後、本当に離婚してよかったのかと思い悩んでしまうかもしれません。

このように、離婚を迷っている人は別居をすることで心に余裕を持つことができるでしょう。別居をすることで自分の旦那への愛情を見直すことができます。離れてみて初めて旦那の大切さに気付く場合もあるかもしれません。

別居する際に住民票の手続きはした方が良い?

離婚に向けて別居を進めている場合は、別居の段階から住民票を移した方が良いです。別居の際に住民票を移していれば、離婚が成立していることと同等だと認められ、離婚が成立しやすくなります。

また、家賃の安い公営住宅に入りたいと考えている場合も、住民票の手続きが関わっています。

公営住宅に申し込むには、離婚を前提に3か月以上別居していることが必要ですが、これは住民票が移動されていることが前提となります。今後のためにも住民票の手続きは行った方が良いでしょう。

別居は離婚の裁判で不利になる?


別居したことが離婚の裁判で不利になると聞いて、なかなか別居に踏み切れない人もいるでしょう。別居を先に切り出したら不利になるのではと不安に思うこともあるかもしれませんが、必ずしも不利になるとはいえません。

別居で不利にならないために必要なことがあります。それは、お互いが別居に納得しているかということ、そして別居をするだけの理由があるかどうか、です。

相手側に大きな問題もないのに無理やり別居すると、離婚の際に不利になることがあります。相手に大きな問題がない場合は、お互いが別居することに納得していなければなりません。

もし相手に問題がある場合、その理由と証拠さえあれば、相手が納得していなくても別居して不利にならないでしょう。

感情的な離婚は避け別居を選ぼう

もし離婚したいと強く思っている場合は、その気持ちが感情的で突発的なものでないかどうか考えてみてください。まずは別居を選んだ方が良い場合もあります。一旦冷静になり、離婚が良いのか別居が良いのか判断しましょう。

もし、今すぐ離婚する必要がないのなら、別居の方が良いこともあります。場合によっては得することもあるでしょう。特に一時的な感情であれば、自分の気持ちを見直せる期間を持てる別居の方が良いです。

まずは冷静になるためにも、ぜひ別居を選んでみてください。

Tags

ライター