弁護士の仕事とは:問題解決に大きな達成感を得られる仕事

弁護士というと華やかな職業のイメージが強いですが、実際に弁護士に仕事を依頼して、仕事ぶりを間近で見た経験がある人は多くはありません。資格をとることが難しい、給料が高いといった印象が先行しがちです。

では、弁護士は実際どんな仕事をしているのでしょうか。また、仕事の魅力や大変なことはどんなことなのでしょうか。

弁護士の仕事

弁護士の仕事は民事事件と刑事事件に大別され、依頼人の権利を守ることが弁護士のやりがいにつながります。

民事事件の弁護

民事事件の弁護では、離婚、相続、ビジネス上の問題など人同士のトラブルにおいて、依頼人の利益を保護するために全力を尽くします。

具体的には、トラブルを未然に防ぐための法律相談にのる、依頼人に代わって相手方と交渉する、調停・民事訴訟の代理を行うなどがあります。金銭で解決できる問題ばかりでなく、双方の感情のもつれを解きほぐす必要に迫られることもあるのです。

刑事事件の弁護

刑事事件の弁護では、犯罪を犯したと疑われている人を弁護します。冤罪を防止するため、または不当に重い罪を課せられないために、全ての被告人に弁護人がつくのです。

日本では有罪率が99%以上ですから、テレビドラマのように逆転無罪を勝ち取る機会はほとんどありませんが、弁護士の弁護によって情状が酌量されて刑が軽くなったり、執行が猶予されたりするなど、被告人にとってとても重要な役割を果たすことになります。

弁護士の仕事の大変さ

法律改正や最新の判例への対応

弁護士が知っておくべき法律はとても多いうえに、状況に合わせて改正されることもあります。また、弁護士として適切な判断を下すためには、最新の判例をチェックして時代に合わせる努力をすることも必要です。

難関試験を突破したあとも仕事の合間に勉強し続けなければならないという点で、弁護士は大変な職業と言えるでしょう。

依頼人からのクレーム

弁護士として仕事をしていると、依頼人が望む結果を得られないこともあります。ときには、感情的になった依頼人から責任を問う声が上がることもあるでしょう。

依頼人と弁護士間のトラブルを避けるために事前にしっかりとリスクを説明しておく必要がありますが、説明したからといって納得のいかない判決にはクレームがつくこともあるのです。

弁護士は精神的に追い詰められることも多い仕事だと言えるでしょう。

弁護士の魅力

高収入

弁護士の増加に伴って弁護士の収入が低下しているとはいえ、弁護士は高収入な職業の代表例です。独立開業して頑張れば、年収数千万円の収入を得ることも夢ではありません。

多彩なキャリア設計

多くの弁護士は非常に多忙です。一方、勤務先の法律事務所の理解があれば、仕事量をセーブすることも不可能ではなく、家事や育児と両立しながら弁護士を続けることも可能です。

また、専門知識を有している弁護士の需要は依然として高いですから、出産などで一時的に仕事を辞めても、復職するのは難しいことではありません。

責任感が求められる仕事

弁護士は給料の高い仕事なのでお金が稼げないといった不安は少ないかもしれませんが、給料が高い分仕事内容が複雑で、責任感のある人でないと到底こなすことはできない仕事でしょう。

弁護士の働き一つで依頼人の人生を左右することもあるのですから、一つ一つの仕事に真摯に向き合う姿勢や苦しいことにも耐えられる精神力が必要とされる仕事なのです。

Tags

ライター