共働き夫婦の家計管理のポイント5つ:目的別の口座で家計管理を簡単に!

最近では共働き世帯の数が多くなっています。夫にも妻にも収入があるので家計は潤っているのではないかと思われがちですが、それぞれが自由にお金を使ってしまってなかなか貯金ができないという現状もあるのです。

共働きの夫婦にとって、家計の管理は大きな問題の一つでしょう。

では、共働き夫婦はどうやったら家計を上手くまわしていけるのでしょうか。

そもそも共働きなのに貯められないのはなぜ?

二人で働いていれば、その分収入も多く貯金も簡単そうに見えますが、意外と共働きでも貯められない家庭が多いのです。

その原因は、お金全体の流れをきちんと把握できていないこと。

夫婦それぞれ600万の高収入なのに貯められないというご夫婦がいますが、たいていの場合独身の時と変わらず、それぞれが自分の好きなように使っていることが大きな問題です。

共働きの家計で気をつけるべきポイントは5つあります。

①お金の流れをしっかり把握する。
②貯める仕組みを作る。
③お互いのお小遣いのルールを決める。
④金額面だけでなく、家事全体でバランスを取る
⑤夫婦でしっかり話し合う

上記の5つを守っていくことで、二人で働きながら家計を守っていくことができます。

1.口座の分け方を工夫する

家計を管理していく上で一番にやっておきたいことは、お金の行き先を明確にすることです。基本的に、お互いの給与はそれぞれ本人の口座に振り込まれます。

しかし、支出のたびに必要経費をそれぞれの口座から出していると家計のやりくりも不透明になるので、目的ごとに口座を分けて管理することが大切です。

目的別に口座を分ける方法は2通りあるので、家庭状況に合わせた方法で実践してみてください。

2つの口座を維持する方法

お互いの口座は維持して、家計を分担する方法です。生活費を一つの口座に決めてお互いが入金し、住居費、光熱費、食費などを生活費の口座から支出する方法です。

同様に、冠婚葬祭費、税金などの予備費の口座、貯蓄の口座など、目的別の口座を作ってそれぞれが入金することで管理していきます。

口座を目的別に作って管理すると、家計の流れが明確になり計画もたてやすくなります。余った分を貯蓄にと思っていると貯金はできませんが、あらかじめ貯蓄口座を作っておくことで、定期的な貯蓄が続けやすくなるのです。

1つの口座にまとめる方法

2人の給与を最初から1つの口座にまとめ、あらためて家計の目的別に振り分ける方法です。

全体の収入や支出がわかりやすく、家計管理もしやすくなります。また、自動積立定期預金で口座から自動的に貯蓄分の金額が引かれて貯まっていくシステムを使えば、貯蓄も簡単に行うことができるのです。

2.貯金できる仕組みを作る

預金口座を整理してお金の流れを把握できるようになったら、今度は貯金できる仕組みを作りましょう。

仕組みといっても難しいことではなく、貯蓄用の口座を作っておくことです。

結婚後はお金のかかるライフイベントが盛りだくさん。出産・教育費・マイホーム購入・もしもの時の医療費などなど…。その時になってあわてないよう、まずライフプランを考え、それから貯める口座を準備しましょう。

例えば、マイホームはいつまでにいくら頭金を用意して、その後は何年かけて毎月いくらずつ返済していくなどです。

教育費など子供にかかわるお金も、いつごろいくら必要かという見通しが立てられていれば、貯金計画も立てやすくなります。

毎月の貯金額目標などがわかったら、貯金用の口座に貯めていき、そのお金には手をつけないでおきましょう。
具体的には、給与口座から自動で天引きしてくれるような、積立定期などがお勧めです。

3.お小遣いへの配慮をする

共働き夫婦はそれぞれに収入があるので、自由に使えるお金も多くなりがちですが、お小遣い制にした方が断然お金は貯まりやすくなります。

まず、お小遣いの額を決めるときに生活費はもちろん貯蓄も考慮しておくべきです。使えるラインを決めてお小遣いの額を守ることで、無駄遣いも減り、貯蓄を増やすことにも繋がります。

平均で、夫は3万円程度、妻は2万円程度という調査もありますが、お互いが不満をもたないように振り分けて、状況に合わせて見直していくことも必要です。

4.お金以外の面で助け合う

日用品や食品の買い物などでお金を使うのは主に妻の方で、固定費で決めている生活費が変動した分は、妻が負担しがちになります。

家事や育児を担当しているのに金銭的にも負担があると、妻の不満の原因になるので、家事の振り分けも同時に行うことが共働き夫婦が家庭を円満にする秘訣です。

お金のことをしっかり話し合ったうえで、お金以外の面でも協力し合うルールなどを作ると、最終的にお金に関する不満も少なくなるでしょう。

5.しっかり話し合ってルールを作る

共働き夫婦の家計管理の難しさは、2つの財布で1つの家計をやりくりするというところにあります。夫にも妻にも収入があることで支出に対していい加減な部分や甘えがでてしまい、結局貯蓄や将来のための計画もあいまいになってしまうのです。

お互いが意見を出し合ってしっかりとルールを作ることで不満が溜まることを防いでくれますし、家庭の状況を見直す良い機会にもなるので、積極的に話し合いの機会を作るようにしましょう。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る