別居するときに決めるべき条件4つ:子供がいる場合は要チェック!

相手のことを嫌になって別居するわけなので、相手と話すのも嫌という方は多いかもしれません。

しかし、別居する際には決めておかなかいといけないことがたくさんあります。そこで今回は別居するときに決めておかなければならない条件を4つ紹介していきます。

どのような条件があるのか別居前にしっかりチェックしておいて下さい。特に子供がいる夫婦の別居の場合は決めておくべき条件がたくさんあります。

別居中の生活費について

別居するということはそれぞれが別のところに住むということです。

そのためそれぞれ別に家賃や光熱費、食費がかかってくることになります。この生活するのにかかってくるお金をそうするのかについてきちんと決めておく必要があるでしょう。

離婚しておらず別居の場合、収入の多い方が収入の少ない方を扶養する義務があるとみなされます。生活費を支払う必要があるということです。別居中に支払う生活費のことを婚姻費用といいます。

妻が不倫をし、出て行った場合の別居の場合でも、法律上で婚姻関係が継続している以上は、生活費を支払う義務は夫側にあります。しかし、最近ではその権利を認めず、生活費の要求を却下する場合もあるようです。

別居の際には生活費はどのようにするのかしっかり決めておくようにしましょう。特に専業主婦の妻の場合は路頭に迷うことになる恐れがあります。実家など帰るところがある人はいいですが、帰るところがない人は特にしっかり決めておきましょう。

親権について

子どもがいる場合は親権をしっかり決めておく必要があります。親権は子どもが乳幼児である時はよっぽどの理由がなければ妻側が取ることができるでしょう。

しかし小学生以上になると子どもの意思が尊重されます。しっかり子供の意思を尊重するようにしてください。子どもをだますような真似をすることはやめてほしいです。

離婚を前提とした別居であるのなら、別居した時点で子どもを連れていかないと離婚時に親権を取ることが難しくなります。そのため親権についてよく話し合っておく必要があるでしょう。

よく専業主婦は親権が取れないのではないかと思われがちですが、別居時には婚姻費用、離婚後は養育費を支払うことが決められているので親権の判断基準にはらないようです。

別居中の養育費について

基本的に子どもの養育費は婚姻費用に含まれます。

しかし、中には生活費としても足りない額しか渡されていないにも関わらず、その中に養育費も含まれているというケースがあるようです。そうなると生活するだけでいっぱいいっぱいで、生活は厳しくなるでしょう。

そのため婚姻費用は養育費を含んだ額であるのかどうか、別居前に決めておく必要があります。親として養育費を支払うことは義務です。

別居中の子どもの面会について

子どもがいる場合は子どものことで決めておかなければならないことがたくさんあります。

別居し、子どもを引き取った側からしたら相手に子どもと面会させるのは好ましく思わないかもしれません。しかし子どもからしたらどちらも親なので、親の都合でどちらか一方と会えなくなるということは本来あってはならないのです。

そのため別居中に子どもの面会はどうするのかしっかり決めておく必要があります。

しかし暴力が原因の別居である場合など別居の原因によっては面会させずに済むケースもあります。また子供が面会したくないといえば面会させずに済むケースもあるようです。

Tags

ライター