同居証拠の作成方法とは?同居証明書は役所でスムーズに作成しよう

同居の証拠となるものを提出してくださいと言われたことがありますか。子どものお受験や家を買うときなどに、同居していることを証明する物の提出を要求される場合があるのです。

同居の証拠として有効なものは何なのでしょうか。そして、同居証明書が必要な場合や作成方法はどうなっているのでしょうか。

同居の証拠になるもの

同居の証拠として一般的に考えられるのは住民票です。住民票の住所が同居している者と一緒であれば同居していると認められます。住民票の謄本では同居している家族全員を見ることができるので、同居しているかどうかの証拠になるでしょう。

ちなみに、住民票の住所は同じであるが住んでいるところが違うという場合に、同居証明書として住民票を提出することは違法行為となっています。同居証明として提出するなら書類上だけでなくきちんと同居していなくてはなりません。

同居証明書とは

同居していることの証拠となる同居証明書というものがあります。基本的に住民票があれば問題ありませんが、特定のケースで同居証明書を作成しなければならない場合もあります。

同居証明書が必要なケース

同居証明書が必要となるケースは、家を購入した時です。家を購入した場合、不動産登記が必要になります。

不動産登記とは、国民の大切な財産である土地や建物の一つ一つについて、どこにあって、どのくらいの広さであるのか、誰が土地の所有者であるのかという情報を法務局の職員がコンピューターに記録することです。

不動産登記には登録免許税が必要となるのですが、住宅用の不動産である場合は登録免許税を軽減させることができます。

登録免許税を軽減させるためには住宅用家屋証明を提出する必要があり、住宅用家屋証明を提出するために同居証明書が必要になるのです。

また子供が学校に就学する際に同居証明書の提出を要求されるケースもあるようです。

同居証明書の作成方法

同居証明書を作成するためには、住んでいる市町村の役所に行き、同居証明書の書類を貰う必要があります。

基本的に同居証明書には証明書を作成した日付、同居人の名前、同居している期間を記入していきます。役所でもらうことのできる書類には書き方が分からないものがたくさんありますが、同居証明書は比較的書きやすいものです。

書類を作成する時は役所で作成するのがおすすめです。役所で作成すれば、書類を作成するときには分からないことが出てきてもすぐ職員に質問でき、スムーズに提出することができます。

また、役所での書類作成時には印鑑を忘れないようにしましょう。

前もって知識を身につけておこう

法的な手続きや書類の提出には面倒くさいものが多いですが、同居証明書のようにお金や子どもの進学といった大きな問題と関わってくることもあるので、正しく対処していく必要があります。

今回紹介した同居証明の方法を頭の片隅に置いておくと、実際提出を求められたときにスムーズに対処できるはずです。

ライター