別居中に子どもを面会させるべき?拒否されたときの対処法

今回は子どもがいる夫婦が一番気になっているであろう、別居中の子どもの面会についてです。

親権を取った場合、できれば相手に子どもと面会して欲しくないですよね。しかし相手が「面会したい」と言っているのにもかかわらず面会させない場合はどうなるのでしょうか?

また逆に親権が取れず面会させてもらえないというケースもあります。そこで今回は別居中に子どもを面会させるべきか、面会させてくれない場合はどうしたらいいのかについてみていきましょう。

別居中に子どもと面会はできる?

別居していたとしても子どもにとってはどちらも親であることには変わりありません。別居中であっても子どもと面会することは可能です。ちなみに別居後離婚した場合でも子どもと面会することは可能となっています。

子どもがいる夫婦の別居の場合、子どもの親権や面会交流についてトラブルになることが多いです。面会交流とは別居で親権者にならなかった親と子が交流するために設けられた特別な機会のことを指します。

子どもの意思が尊重される

子どもの年齢にもよりますが、子どもが小学生にもなれば自分の意思でしっかり発言することができるでしょう。

そのため子どもの意思が尊重されるようになります。もし子どもと一緒に住んでいない方の親が「子どもに会いたい」と言っても子どもが「会いたくない」と言えば面会することはできません。

別居の原因によっては認められない

またDVが原因で別居した場合も、子どもに暴力をふるう可能性があるとみなされ面会は認められないようです。またアルコール疾患や精神疾患の場合も面会は認められていません。

このように別居中で親権を取っていない親でも子どもと面会することはできますが、別居の原因によっては子どもと面会することができないということです。

妻(夫)が面会させてくれないときは?

別居しているということは、決して円満でない理由があるわけです。そのため子どもを連れて別居した方は、子どもを相手と合わせたくないと思うでしょう。子どもと面会させてくれないといったケースが別居中には多いんだそうです。

そこで、親権をとった親が面会させてくれないときはどうしたら良いのか見ていきましょう。

面会させたくない理由を知る

面会させたくないと親権を取った方が言っていても、子どもと面会したいという場合、まずは面会させたくない理由を相手から聞き出しましょう。

もしかすると子どもが「会いたくない」と言っている可能性もありますし、親権を取った親が子どもを取られると思い、面会させたくないのかもしれません。

できれば別居前にしっかり夫婦で子どもとの面会交流については話し合っておくことをおすすめします。

面会交流調停を申し立てる

親権を取ることができず一緒に住むことができなくても、親は子どもと面会することができる権利があります。

そのため相手に面会交流の申し立てをするのは当然でしょう。しかし面会交流に応じてくれない場合には面会交流調停を申し立てすることができるのです。

面会交流調停とは、裁判所から選任された調停委員が話し合いに参加し行われます。

別居中の子どもの面会をどうするかという話し合いは当事者同士だとうまくいきません。第三者を挟むことによってスムーズに話を進めることができるのです。

もし面会交流調停で不成立になってしまった場合、裁判官による審判にて最終的な決定が出されます。これらの話し合いや審判は全て子どもの意思を尊重して進められていきます。

弁護士に交渉をお願いする

金銭的に余裕があるのなら弁護士に交渉をお願いするという方法もあります。交渉のうまい弁護士にお願いすることができれば、面会交流調停を申し立てることなく面会交流ができるかもしれません。

こちらもやはり当事者同士が話し合いをするよりも、第三者を挟んで話し合いをした方がスムーズに話が進んでいくでしょう。

お互いが納得のいく解決策を見つけるために、しっかりと話し合うことが大切です。

Tags

ライター