やり逃げする男の特徴5選:男の独占欲にだまされるな

やり逃げと聞いて良いことを思い浮かべる人は少ないでしょう。ここでは、やり逃げする男の特徴5選を取り上げていきます。

職場や趣味の場、紹介など男性との出会いの場は様々です。 やり逃げされないために、気をつけるべき男の特徴をご紹介します。

1好意を持つと自分をよく見せようとする

そもそも男性は、見栄っ張りな生き物であり、他人と比べ自分が勝っている部分を知ることが大好きです。

職場の上司はとても分かりやすい例です。好意を抱いた意中の女性が部下であればなおさら、いかに自分が会社にとって重要な人材であるか、どれほどの重大なプロジェクトを任されているか、 機会さえ与えれば過去にさえも遡り話すでしょう。

自信に満ち溢れた男性の気持ちのメーターは、例えるならジェットコースターです。絶頂のためなら自分の力以上を発揮しますが、言い換えればゴールが絶頂なのです。

こういう男性は、意中の女性が自分の想像通りになれば、後は釣った魚に餌は与えません。未練もなく、簡単に背を向けるでしょう。

2センスを押し付ける

言わずもがな自己中男です。見ていて恥ずかしくなるほど自己主張の激しい男性は、実はとてもやっかいなのです。

例えば、写真が趣味な男性がいました。外見は身長も高く整った目鼻立ちで、洋服のセンスもなかなかいいときました。

そんな男性にとって女性は、アクセサリー感覚に近いです。センスが合うかどうか、SEXの相性が良いか、なのです。

3女友達が多く、同性の友達が少ない

一番タチの悪い男性の特徴かもしれません。どの女性へも同等に接するので、女性からも話しかけやすく気軽に相談出来る相手なのです。

しかし、この手の男性はそんな女性心を利用するのです。女性付き合いは広く浅くなのでストックが切れることはありません。用済みはチェンジ、というわけです。

4不倫

結末が美しいわけもなく、傷つけ合い、愛情と憎しみの狭間にいる関係を貫くことはとても苦しいことです。

既婚者とは、女性にとって絶対と言っていいほど良い未来はありません。ただ、女性にとってはです。

男性にとって、不倫相手は性欲と独占欲を満たす存在なのです。男性はあの手この手で関係を続けようとしてくるでしょう。そこに愛情はあるでしょうか?口では愛してる、と言っていても本心は分かりません。

本気で愛しているなら奥さんと別れているのではないでしょうか。

不倫する覚悟があるならば、相手男性の見極めが重要です。

5人に興味がない

仕事もそつなくこなし、人望もあり、会話も楽しい。しかし特定の彼女は長年作らない男性は、 はなから深入りしないことがベストでしょう。分かりやすく言えば、その男性に何を仕掛けても完全スルーです。

自分だけを見てほしい、という女心は彼の気持ちと交わることがないのです。ただ気持ちは受け入れてくれるので、いわばひと夏の恋です。

さいごに

すべての男性がやり逃げをする男というわけではないので、決して自分からはなから壁を作らないでください。

やり逃げをする男にひっかからないためにも、ぜひ5点の注意点を頭の片隅にでも置いておきましょう。

ライター