1歳の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ7選

子供にとって1歳は、できることがますます増える時期です。

しっかりと歩くようになるにつれ手先が器用になり、子供によってはおしゃべりが上手にできるようになるなど、その成長は目を見張るものがあります。

その一方で、おもちゃの遊び方や興味を持つおもちゃが変化してくる時期ですので、子供にあったおもちゃを選んであげることが大切です。

今回はそんな一歳におすすめのおもちゃを紹介します。

1歳の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

おままごとセット

一歳くらいになると、お母さんや家族の真似をよくするようになります。

コミュニケーション能力も高くなってきますので、ごっこ遊びに興味を示します。

野菜の名前を覚えたり、「どうぞ」や「いただきます」など、子供とコミュニケーションを楽しめるのが、ままごと遊びの良いところです。

野菜などがマグネットなどでくっついていて切って遊べるタイプであれば、手先を使う練習にもなりますよね。

女の子の遊びのイメージがあるままごとですが、男の子も大好きですよ。

ぬいぐるみ・人形

まねっこが大好きな子供達は、毎日お母さんが自分にしてくれていることを見ていて、今度は自分がぬいぐるみにお世話をしてあげるようになります。

抱っこをしたり一緒に寝たり、おままごとでご飯を食べさせてあげることもします。

妹や弟がまだいないことが多いこの時期の子供達は、ぬいぐるみや人形と一緒に遊ぶことで母性本能のような優しい気持ちを養うことができるでしょう。

手押し車

手押し車は、歩き始めの子供にとっては歩行の練習にもなります。

持ち手につかまりながら簡単に歩くことができるので、なかなか一人歩きが上達しない子供も、手押し車を使うことで歩くことの楽しさやコツを知ることができるでしょう。

また最近では、手押し車本体に指先で遊ぶようなおもちゃがたくさんついていたり、乗って遊べる車型のおもちゃに変形できるなど、長く遊べるように工夫されているものもたくさんあります。

積み木・ブロック

一歳になると、指先が器用になって、物をただつかむだけではなく、つまんだり積み上げたりすることができるようになります。

自由に積み上げてみたり繋げてみたり、あるいはそれを壊して遊ぶなど、子供達の発想で好きなように遊ぶことができます。

シンプルなおもちゃですので、他のおもちゃと組み合わせて、おままごとの材料にするなどごっこ遊びにも活躍します。

もう少し大きくなると、家やロボットなど何か意味のあるものを作るなどして長く遊べるのも良いですね。

パズル

パズルと一口に言っても様々なタイプのものがあります。

ジグソーパズルのようなものはまだ少し難しいですが、丸や三角など簡単な形のものを穴にはめていくようなタイプは、多くの子供が興味を持ってくれると思います。

形そのものを覚える練習にもなりますし、始めは穴に入れるのが難しくても試行錯誤を繰り返しながらだんだんと入れるのが上手になってきます。

お子さんの成長も見ることができますので、ぜひたくさん褒めてあげながら一緒に楽しんで遊んでみてください。

お絵描きツール

物をつまむことが上手になってきた子供達はお絵描きをするのも大好きです。

まだ何か具体的なものを書くことはできませんが、クレヨンやペンを持ってぐるぐると線を描いたり書きなぐったりして楽しむことができます。

お部屋が汚れるのが嫌なお母さんもいるかもしれませんが、汚れにくいクレヨンなどもありますし、水を使ってシートに描いて乾くと消えてしまうタイプのものもあります。

また、砂鉄を利用したもので、描いて消せるタイプのお絵描きボードもあるのでこれなら安心ですね。

色を使ったものであれば色を覚えるきっかけにもなります。

楽器のおもちゃ

この時期の子供は叩く遊びも得意ですので、太鼓や木琴、ピアノなどの楽器のおもちゃも興味を持って遊んでくれると思います。

自分で叩いて自由に音を奏でて遊ぶのもいいですし、ちょっと音楽は苦手というお母さんやお父さんには、リズムや音楽が自動でなるようなタイプのおもちゃもありますので、簡単に子供と一緒に音楽を楽しめますよ。

Tags

ライター