地方転勤が決まったときの2つのポイント:出世に繋がるケースもある!

全国転勤のある会社で働いている場合、全国どこに転勤するのかは分かりません。

東京・大阪・名古屋・福岡など、都会で働いていたにも関わらず、これまで聞いたこともなかったような地方に転勤となる地方転勤も全国転勤のある会社であれば充分にあり得ます。

そこで今回は、地方転勤が決まった時どのように対処していけばいいのかということをまとめていきます。

転勤で地方に行くケースもある

全国転勤のある会社の場合、地方へ転勤するというケースもあります。本社勤務をしていた人が地方に転勤というケースもあるのです。

本社勤務していた人が地方に転勤となると、きっと多くの人が「左遷かな?」と思うかもしれません。左遷とは簡単に言うと格下げです。

しかし、地方転勤=左遷ではありません。会社によっては出世のために転勤させるというケースもあるのです。

役職は人数に限りがあり、能力があり昇進させてあげたい社員がいたとすると、本社ではもう役職は空いていないという場合、地方支社に転勤させて出世させるというケースもあります。

また、若手社員の場合メンタルを鍛えるという意味が込められているケースもあるようです。しかしこれは会社によって異なります。

地方転勤が決まった時の対処法

いくらマイナスな転勤ではなかったとしても、地方転勤となれば少なからず気持ちは落ちてしまいます。

そこで地方転勤が決まった時の対処法をまとめていきます。

うまく人間関係を作る

地方転勤でなくても転勤であれば共通することですが、うまく人間関係を作ることが大切です。地方ではやりがいのある仕事はできないと思われるかもしれません。

しかし、人間関係ができ、協力して仕事を行うことでやりがいを見出すことができるのです。

本社や都会で働いてきた人が地方転勤になった時、「自分は都会で頑張ってきた」、「自分はこんなところに居る人間じゃない」と自慢したり、転勤した地を下に見たりする人が多いです。

いくら仕事ができてもこのような人とは一緒に働きたくありません。注意してください。

いくらキャリアがあっても、転勤してきた最初は、その職場のことがなにも分からない状態なので教えてもらうことが多いです。

知り合いがいない土地で職場の人からも見放されてしまうと、孤独になってしまうので、うまくやっていく必要があります。

偉そうな嫌な態度は絶対に取らないようにしてください。

地方の仕事のルールに慣れる

同じ会社であっても、職場が違えば働き方や仕事の仕方も異なるケースがあります。ローカルルールという、土地柄に根付いたルールが存在する職場も地方には多いです。

また、大阪の人はせわしなく働く人が多い、沖縄の人は時間にゆるくマイペースな人が多いなど土地によって人柄も変わってきます。

このようなルールや人柄に慣れなければ、地方転勤は難しいです。方言を覚える必要もあるかもしれません。地方転勤初日になまりの強い職場の上司の話す言葉が分からなかったというケースもあります。

地方転勤をすると柔軟に対処することができるようになり、企業としてはそれを狙って地方転勤させるケースもあるので、地方転勤だからといってくさらず、上を目指しましょう。

左遷のつもりだったけれど、転勤先で頑張って業績を上げたので出世できた、というようなケースもあります。

Tags

ライター