嫁の実家で同居するためには?旦那にメリットを伝えることが大切

同居といえば、旦那の実家に、というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。しかし嫁の実家に同居するというケースもあります。

嫁は自分の実家に同居して子育てを手伝ってもらいたい、また金銭的に援助してもらいたいと思っている場合が多いです。

しかし、嫁の実家に同居することをよく思わない旦那は多いでしょう。

そこで今回は旦那を説得するためにはどうしたらいいのか、おすすめの方法を紹介していきます。

メリットを伝える

自分の実家に同居して欲しいと旦那を説得するには、メリットを伝えるようにしましょう。

嫁のメリット

まず、子供の面倒を見てもらえるということが挙げられます。

また、嫁の実家が自然豊かなところなら、自然豊かな中でのびのびと子育てを行うことができるということもメリットです。

旦那の実家で同居しても同じようなメリットがあるんじゃないの?と言われるかもしれません。

しかし、旦那の実家で同居となると妻は自由に生活することができず、ストレスを感じてしまう可能性があるでしょう。また、自分の両親でないと気軽に子供を預かってもらいにくいということもあります。

このことも妻にとってはメリットになるでしょう。夫も妻にストレスがたまって喜ぶ人はいないです。

旦那のメリット

自分の実家で同居する場合、自分にはメリットがたくさんあるでしょう。自分の両親であれば頼み事もしやすいですし、自分の知った土地で子育てができまた自分の母校に子供を入学させることができます。

しかし、旦那にとっては知らない土地に他人と一緒に住むことになるのです。また、他人と一緒に住むことで居心地が悪くなることを心配する旦那は多いでしょう。

そのため説得方法としては、旦那にもきちんとメリットがあることを伝える必要があります。

例えば、家賃や光熱費を浮かせることができることは大きなメリットとです。収入が少ない夫婦で子供も居る場合、毎日カツカツで生活していかなくてはなりません。

お金がないと喧嘩も増えます。よって、同居することで金銭的な余裕が生まれるでしょう。

また、子どもがまだ小さければ保育園の送迎をお願いしやすい、子どもを見ててもらえるので2人ででかけやすい夫婦の時間をゆっくりとれるということもメリットになるでしょう。

なぜ嫌なのか聞いて解決してあげる

旦那が同居を嫌がる場合、なぜ同居が嫌なのか理由を聞いてあげてください。同居が嫌な理由をどうすれば解消できるのか、また解消できれば同居していいのかどうかも聞いてみましょう。

同居することに自分の両親が賛成しているのなら、旦那の言い分をしっかり波風立てないように両親に伝えることが大切です。そして、旦那が同居した場合、快適に生活できるように妻が努力するという姿勢を旦那に見せましょう。

あなた、両親、子どもがいる場合は子供は血が繋がっています。しかし、旦那は血が繋がっていないので、一人疎外感を感じてしまうかもしれません。そのため、家族全員で旦那のことを考え生活しやすいようにしていくことが大切です。

どうしても説得できなかった場合

どれだけ説得しても旦那がうんと言わない場合は、同居を諦めるか旦那と別れ実家に住むかどちちらかを選択しなければなりません。

旦那と離婚してでもあなたは実家で生活したいのか、もう一度よく考えてみてください。旦那を愛しているのなら、きっと旦那を選ぶでしょう。

最終的には夫婦の問題です。強引に押し進めたり、どちらかが我慢してもまた違う問題が出てきてしまう可能性もあります。

話し合う上でぜひ参考にしてみてください。

Tags

ライター