夫とうまくいかない原因と対策:トラブルを乗り越えるには

付き合っていたころや結婚当初は、夫と気が合うと感じていたけど、出産や子育てなどをし始めてから、夫とうまくいかないと感じる女性は少なくありません。

夫が子育てに非協力的だったり、父親としての自覚や責任感がない、などといった場合はどうしたらいいのでしょうか。

今回は、夫との関係に悩んでいる女性に向けて、夫とうまくいかない原因と対策方法をご紹介します。

産後の夫の態度にイライラ

産後クライシスという言葉があるように、産後に関係が悪化する夫婦は少なくありません。産後も夫の考えや態度が変わらず、子供のような人だと、疲れを感じている女性もいます。

夫が浮気をしたり合コンに行った場合は、この人との子供は幸せになれるのか、不安を感じることでしょう。産後に治るだろうと思っていた、パチンコなどのギャンブル依存が治っていない場合は、夫に失望してしまいます。

そういった産後の夫の態度が、夫とうまくいかない原因として多いです。

夫の理解不足と環境を改善する

産後の夫の態度を直すには、夫の理解不足と環境を改善することが大切です。夫を両親学級(父親学級)に参加させて、産後の妻の心身を理解してもらいましょう。

浮気された場合は、離婚も視野に入れておくことが大切です。

また、夫が既婚者であることを知っているのに、合コンに誘うような友人はできれば夫の交友関係からなくしたいところ。しかし、難しい場合がありますから、配慮してほしいとだけでもしっかりと伝えておきましょう。

夫がギャンブル依存の場合は、資金源を断ったり行動を制限したりなど、環境を改善することが効果的です。

育児がうまくいかない

夫が子供に暴力を振るったり、大きな声で怒鳴ったり、学費を払わないなどの虐待をする家庭も少なくありません。また、夫の酒癖や女癖が悪い場合は、子供の発育にも影響します。

育児に協力しない男性は、少なくありません。協力したとしても、妻の負担が大きかったり、育て方に対する考えが異なるなど、トラブルが多いです。

夫に父親としての自覚を持たせる

子供の為にも、夫に父親としての自覚を持たせることが大切です。夫を父親学級などに、参加させることをおすすめします。

虐待については、しっかりと注意しましょう。注意してもやめない場合は、児童相談所や警察に通報することが大切です。

配属者を通報するのは勇気のいることですが、虐待が原因で病気や障害を発症する人も少なくありません。そういった障害は、簡単には治らないものです。子供の為に通報しましょう。

突然の家庭のトラブル

夫が病気になった場合は、経済的に厳しい生活になりますし、夫の心のケアなどに疲れを感じてしまいます。

家事や育児の負担が大きい上に、夫の世話もするので大変です。いつもはあまり家にいない夫が家にいることで、妻のストレスは溜まり、夫婦喧嘩の原因にもなり得りかねません。

他人に頼ることが大切

夫を支えたいという気持ちがあっても、子供がいる場合は生活が難しくなってきます。

無理をせず、家事代行サービスや介護サービスを利用しましょう。また、予想外の事態にうまく対処するために、実家の母や父を頼ることもおすすめです。

ライター