怒鳴る夫の心理3選:どうして怒鳴るの?ストレスや病気の可能性も

頻繁に怒鳴る夫…妻としては恐怖心を抱いてしまいます。

近所迷惑にもなりますし、子供がいる場合は子供の発育にも影響します。夫に怒鳴られないためには、どんなことが大切なのでしょうか。

夫が怒鳴るのは、病気の可能性もあります。家族や友人、医師に相談してみてください。離婚したい場合は、弁護士に相談しましょう。

怒鳴る夫はどんな心理状態なのか

嫉妬してイライラしてしまう

怒鳴りやすい人は、他人に嫉妬しやすい傾向にあります。

例えば、あなたの年収が夫の年収を超えていたりしませんか?男性は実家も立派で尊敬される妻を見て嫉妬してしまうそうです。妻を愛して尊敬しているからこそ、自分へのコンプレックスを感じてあなたに怒鳴ってしまうのかもしれません。

仕事でストレスを感じている

近年、ブラック企業やワーキングプアが問題視されています。サービス残業でも上司に意見が言えなかったり、苦手な人と関わらなくてはならなかったり、仕事にストレスはつきものです。

そういったストレスを、怒鳴ることで解消している可能性があります。

感情がコントロールできない

感情の起伏が激しく、自分の感情がコントロールできていません。怒鳴るつもりはなく無自覚に、突発的に怒鳴ってしまうという男性もいます。

暴力を振るわないのは何故?

いつ暴力を振るってもおかしくないほど怒鳴る夫。今現在、暴力を振るわないのは何故なのでしょうか。精神的な虐待は証拠が残りにくく、身体的な暴力は証拠が残りやすいからです。

旦那に怒鳴られないためには

夫の機嫌を取る

夫の癪に障らないようにすることが、最も効果的です。しかし、精神的に疲れてしまいます。

人の性格は変えにくいものですから、上手く対処する方法を見つけるか、距離を置きましょう。

気を付けること

興奮状態にある夫を落ち着かせるために、深呼吸などを促すのは逆に夫を怒らせてしまい、事態を悪化させる可能性があります。あまりに夫が興奮している場合は、安全のために距離を置きましょう。

夫が怒鳴ることを、家族や友人に相談することも大切です。相談しにくい場合は、ネットの掲示板や無料の相談所を利用しましょう。

病気の可能性も

ADHD、妄想性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、脳出血後遺症などである可能性もあります。

夫にいきなり受診を勧めるのは、おすすめできません。夫は困惑しますし、病気だと受け入れられないでしょう。また、妻に精神病だと言われる悲しみや怒りは、一般男性でも耐えられないものです。

妻一人でも可能ですので、初めはカウンセリングや、医師への相談をおすすめします。いずれの症状の治療にも、理解して支えることが重要です。

弁護士に相談を

大きな声で怒鳴る、妻を罵倒するなどの行為は、虐待に含まれます。言葉での虐待は、周りの人に気づかれなかったり、証明が難しいです。ですから、証拠を残しておくことが大切になります。録音したり、日記に記しましょう。

夫の言動が原因で、不眠症やPTSD(心的外傷後ストレス障害)、うつ病などを発症した場合は、周囲の理解も得られやすく離婚がしやすいです。離婚が難しい場合は、弁護士に相談しましょう。

Tags

ライター