同棲を始める方におすすめ!間取りと部屋割りの問題解決する方法

同棲を始めるときに二人で一番始めにすることが、部屋探しです。ネットで調べてみたり不動産屋に行ってみたり、大変ですがとてもワクワクします。

部屋を探すときに最初に疑問に思うことは、間取りや部屋構成についての問題です。2人で暮らすので、お互いに満足する部屋を見つけないと行く先が不安になるのではないでしょうか。

そこで、同棲におすすめの間取りや部屋割りについて紹介します。この記事を参考にしながら、お互いに満足する部屋を探してみてください。

1DK

2人で1つのベッドを使う予定であったり、それぞれに部屋を用意する予定でないなら1DKがオススメです。1DKで二人は狭いと思うかもしれませんが、家にいる間は二人で過ごすことが多いなら1DKでも暮らすことができます。

またあまりお金に余裕がない時や、2人の荷物が少ない時なら1DKが一番良いです。

1DKの場合、狭かったりでストレスが溜まる時もあるかもしてません。しかし、あくまで結婚するまでの同棲の期間限定であると割り切って住めば、重く考えずに幸せに暮らせます。

1DKだと貯金もできるので、結婚に向けて貯金をしたいカップルは1DKにしてみてはいかがですか。結婚したり子供が産まれたら手狭になるので、広いところに引っ越すのが良いです。

2DK

二人それぞれの部屋を確保したかったり、荷物が多い場合は2DKがおすすめです。

ベッドは一緒に使うけれども趣味のグッズや道具が多いという場合は、1部屋を趣味の部屋にすると良いでしょう。本が多いカップルの場合であれば、1部屋を書斎にするのもアリです。

またよく喧嘩をするカップルも2DKはおすすめです。1DKの場合は、喧嘩をしても相手の顔を見ないということができません。

1人で頭を冷やすには外に出るしかありません。その点2DKは、1人になれる空間があります。1人で考える時間を作ることができるので、2DKはおすすめです。

寝室

せっかく一緒に暮らすなら、寝室も一緒がいいという人は多いのではないでしょうか。ベッドのサイズに余裕があり、お互い問題が無ければ寝室は一緒のカップルが多いです。

しかし、相手のいびきがうるさい、寝相が悪い、隣に人がいると眠れないという人は寝室は別が良いでしょう。

人と寝たことがないから、どちらのタイプか分からないという人もいます。あなたは修学旅行など友達と一緒に寝た時はどうだったでしょうか。人と常に一緒にいると緊張するタイプですか。緊張するタイプなら、寝室は別にするのがおすすめです。

もしくは、最初は試しにシングル用などの小さいベッドで二人で寝てみてはいかがですか。ベッドの大きさ以外が気にならなければ2人が寝れる大きいベッドを購入してみてください。

部屋割り

2部屋あった場合の部屋割りです。多いのは、1つは2人の寝室、1つは物置というパターンです。

この場合は2人で常に一緒に過ごすタイプで、2つのうち大きい方を自分たちの寝室にします。

それぞれに部屋を持つパターンでは、どちらを大きい部屋に割り当てるか困るでしょう。家賃の支払に差があるなら、その差に沿うのがおすすめです。

もし、平等で支払っているのであれば家事の分担などで大きさを決めたり、部屋が小さい方が優先される項目を作ると良いかもしれません。

Tags

ライター