足のむくみがつらい方必見!足のむくみの原因と解消法3つ紹介!

足がむくんでいることに悩んでいる女性は多いですよね。足がむくむのにはさまざまな原因があります。今回は足がむくむ原因、むくんだ足の改善方法をご紹介します。足がむくんでいることに悩んでいる人はぜひチェックしてみてみましょう。

改善方法を知っておけば日常生活で意識することができ、自然と改善することができます。自宅で簡単に行うことができる足のむくみとりストレッチも紹介しているのでぜひ今日から実践してみてください。

足のむくみの原因

足がむくむ原因をチェックする前に、まずは、自分がむくんでいるのかどうかを自分で確認してみましょう。

ふくらはぎを触ってみてください。ふくらはぎに弾力性がなく、ぶよぶよしていたら足がむくんでいます。

また、足首の少し上の部分を指で20秒~30秒押さえていき、指を離してみましょう。指を離してみた時に、指で押さえた部分がくぼんでなかなか元に戻らない状況になればむくんでいます。

足がむくんでいると感じている人は、一度これらの方法で自分がむくんでいるかどうか確認してみましょう。

それでは、足のむくむ原因を見ていきましょう。

立ち仕事やデスクワーク

ずっと立ったまま、ずっと座ったままというように足を動かさない人は足がむくみやすいです。

ずっと同じ体勢のままということは、筋肉を動かしていないということになります。筋肉を動かさない状態が長く続いてしまうと、血液や水分がうまく流れなくなり、足に溜まってしまうのです。

体の冷え

実は足のむくみと体の冷えは大きく関係しています。冷え性の人は、血流が悪くなり、皮膚の下に水分が溜まった状態になってしまいます。

女性の多くが悩んでいる症状である冷え。血流が悪くなり新陳代謝も悪くなるので太りやすくもなってしまいます。

足が冷えているかどうかは、自分の手を足に当てて確認することができます。足に手を当てて暖かくて気持ちがいいと感じれば足が冷えているということになります。

平熱が36度以下、手先がいつも冷たい気がする、寒がり、また冷たいものばかりよく飲んでいるというような人は冷え性である可能性が高いです。

生活習慣の乱れ

乱れた食生活、不規則な生活からくる生活習慣が乱れは、自律神経の調整機能が乱れ、むくみやすい体になってしまいます。

自律神経の調整機能が乱れてしまうと、女性は女性ホルモンにも影響してきます。生理の周期が乱れたりといったこともあります。

足のむくみの改善方法

このような理由から足がむくんでしまうということが分かりました。それでは、むくみを改善する方法をチェックしていきましょう。

老廃物を体にためないようにする

筋肉を動かさないことで、血流が悪くなってしまうと体に老廃物が溜まってしまいます。そのため、立ち仕事、デスクワークの最中にも意識して足を動かすようにしていきましょう。

意識するだけでもずいぶんと改善されます。可能であれば仕事の合間にストレッチをして、血流の流れをよくしていくようにしましょう。

冷えを改善する

冷え性が原因でむくんでしまうことが多いです。冷えを改善させるためには、体を温める必要があります。温かいのみものを飲むことで身体の芯から温めましょう。

冷え性の方におすすめしたい飲み物は、レモンティー、シナモンティーです。また烏龍茶も冷え性の方におすすめです。温めてホット烏龍茶にするとなお良いでしょう。

ホットコーヒーは温かいので冷え性の人にいいと思われがちです。しかしコーヒーは体を冷やす作用があります。そのため冷え性の方には、コーヒーを控えましょう。

また、お酒類は体を冷やす効果があるので冷え性の方にはおすすめしません。

体を温めてくれる効果のある食べ物は、かぼちゃや玉ねぎ、ごぼうまた寒い地域で栽培されるりんごも体を温める効果があると言われています。飲むもの、食べるものを意識することで冷え性を改善することができます。

生活習慣を整えることでも冷え性は改善されます。早寝早起き、バランスの良い食事、そして適度な運動も効果的です。日常生活で歩かないという人は多いかもしれません。可能なら1日30分は歩くように意識しましょう。

またゆっくりお風呂に入ることも冷え性の改善に効果的です。半身浴よりも全身浴の方が冷え症には効果的です。10分を目安にゆっくり全身湯船につかりましょう。入浴時間が長すぎるとのぼせてしまうので注意が必要です。

足のむくみとりストレッチを行う

足のむくみを改善するにはストレッチがおすすめです。足のむくみとりに効果の高いストレッチを紹介していきます。

足のむくみとりストレッチの方法1

①床に座り自分のできる範囲足を開脚していきます。

②右手を上に上げ左足のつま先に右手をタッチさせることを意識して体を倒していき、5秒ほどキープします。

③左手を上にあげ同じようにゆっくり倒していき5秒ほどキープします。

左右3回~5回程度、ゆっくり深呼吸しながら行うようにしましょう。

足のむくみとりストレッチの方法2

①フェイスタオルを1枚持ち、仰向けに寝て両膝を立てます。

②タオルの両端を掴みタオルの片方の足の裏にひっかけます。

③引っかけた方の足をまっすぐ伸ばしていき、タオルを10回ほど手前に引いていきます。

④反対側の脚も同じように行っていきます。

足のむくみとりストレッチの方法3

①座って足を伸ばしていきます。

②つま先を自分の方にゆっくり引き寄せていきましょう。

ふくらはぎなど脚全体が伸びていることが実感できると思います。

ストレッチは毎日お風呂あがりの体が温まった時に行うようにしましょう。毎日行うことで、血流がよくなりむくみを改善させることができます。

Tags

ライター