喧嘩

会うだけでストレス・・・幼稚園に嫌いなママがいる時の対処法7つ

幼稚園で嫌いなママって必ず2、3人はいるのではないでしょうか?

遠くから、「あっ、今日もいる・・・」と思うとドンと気持ちが下がりますよね。

そんな時、少しでも気持ちが楽になる対処法を紹介しましょう。

1.今だけの付き合いと割り切る

幼稚園のママ友は、自分の学生時代の頃の友達とはわけが違います。

利害関係なしに何でも相談し合い、恋愛も打ち明け合った友達と、子どもが同じ幼稚園というだけで知り合いになったママ友は全く別物なのです。

ただ子どものための情報交換の場として割り切り、今だけの付き合いと思って接しましょう。

2.信頼できるママ友が一人いればいい

嫌いなママがいるのは、もうどうしようもありません。

その人にあえて近づこうとせず、一人でいいので信頼できるママ友を見つけましょう。

嫌いな人のことばかり考えていると、頭がいっぱいになってくるので、一人の話せるママ友とどうやっていい関係を作っていくかだけを考えましょう。

3.ママ友との付き合いは狭い世界での話

ママ友とは最小限度のお付き合いで十分です。

あくまでここでの付き合いの主人公は子どもです!

子どもが小学、中学と成長すれば、付き合いが全くなくなる可能性は大なのです。

狭い世界でたった3、4年の付き合いと捉えて、もっと違うところに気持ちを向けるようにしましょう。

4.自分の情報は一切出さない

これは自分の身を守るためです。

こちらが嫌いということは、相手もこちらが嫌いということもあるでしょう。

自分の知らないところで、根も葉もない噂を立てられてはいけないので、自分の情報は一切相手に知られないように心がけましょう。

何か聞かれた時には、“皆さんそうみたいですね〜”と上手くかわしておきましょう。

5.最低限の挨拶はしよう

嫌いなママであっても最低限のマナーとして挨拶はしていきましょう。

挨拶もしない感じの悪いママと思われてしまうと、もっと関係が悪くなるかもしれないからです。

ここは大人の対応で、できるなら笑顔で挨拶をしましょう。

その後、見えないところで舌打ちをしても構いませんので!

6.会いそうな時間を避ける

少しでも自分の気持ちのストレスを軽減させることを考えましょう。

どのママでも自然としていることかもしれませんが、送り迎えなどの時間をずらすのです。

極力、顔を合わせる頻度を少なくして、嫌いなママのことを自分の中で風化させてしまいましょう。

毎日顔を見ていてはどんどんストレスが溜まっていく一方です。

たまに会うくらいで、嫌な気持ちが沸いてくる頻度を減らすよう努力しましょう。

7.上手く距離をとる

自分が傷つかないように、そしてこれ以上相手との関係が悪化しないように、上手く距離をとりましょう。

相手との距離感が近いなと感じたら、自然と話題を変えたり、“自分はわからない”と、はぐらかして、自分のテリトリーには入ってこないようにすることを心がけましょう。

Tags

ライター