航空管制官の給料・年収まとめ:勤続30年で年収660万円!

航空管制官は、航空機のパイロットに指示を出して、安全で円滑な航空機の運航を支える仕事です。パイロットに指示を出す航空管制官の姿をテレビなどで見て、憧れた方も多いでしょう。

しかし、航空管制官の実態を知る人は意外と少ないのではないでしょうか。このページでは、航空管制官になる方法、仕事内容、及び年収について、詳しく紹介します。

航空管制官になるには

航空管制官になるためには、航空管制官採用試験に合格する必要があります。

航空管制官採用試験は、21~30歳の年齢制限を満たしていれば、学歴に関係なく受験できます。しかし、航空管制官採用試験は合格率が4~6%の難関試験です。

次に、航空管制官採用試験の合格者は、国家公務員として、航空保安大学校で1年間の研修を受けます。そして、航空保安大学校での研修を終えると、航空交通管制部または全国各地の空港に配属されて、航空管制官としての業務に従事します。

航空管制官の仕事内容

札幌、東京、福岡、那覇に設置された航空交通管制部は、割り当てられた空域を通過する全ての航空機を管制します。

一方、各空港の管制塔は、空港内及び空港周辺空域の航空機を管制します。また、空港の管制業務は、ターミナル・レーダー管制業務と、飛行場管制業務に大別されます。

ターミナル・レーダー管制業務は、レーダールームと呼ばれる部屋において、レーダー画面を見ながら周辺空域の航空機の状況を確認して、高度やスピードを指示する業務です。

飛行場管制業務は、管制塔の最上階の360°を見渡せる部屋で航空機を目視して、航空機に離着陸を許可したり、地上走行を指示したりします。

航空管制官の仕事は高い集中力を必要としますが、体力や腕力を必要する仕事ではありませんから、男女関係なく活躍できる仕事と言えるでしょう。

航空管制官の平均年収(全体)

国家公務員である航空管制官には、専門行政俸給表に従って俸給が支払われます。下記の統計は、専門行政俸給表に従って俸給が支払われる全ての職種(航空管制官、特許庁審査官など)が対象です。

平均年齢 42.2歳
平均給与月額 44万円
平均年収 710万円
女性割合 19.9%

(※1)上記の統計は、平成29年8月に人事院が発行した「国家公務員給与の実態」に基づいています。
(※2)平均年収は、[平均給与月額×12+ボーナス(平均給与月額4か月分)]で計算しました。

民間企業の平均年収が420万円ですから、航空管制官は十分に高年収の職業です。

航空管制官の平均年収(経験年収別)

次に、経験年数別の平均給与月額、平均年収、就業比率をご紹介します。

経験年数 平均給与月額 平均年収 就業比率
1年未満 19万円 314万円 1.0%
1-2年 19万円 315万円 1.8%
2-3年 20万円 329万円 2.0%
3-5年 21万円 343万円 3.5%
5-7年 23万円 374万円 4.5%
7-10年 26万円 415万円 8.2%
10-15年 31万円 493万円 15.0%
15-20年 36万円 578万円 13.4%
20-25年 39万円 628万円 16.6%
25-30年 41万円 658万円 16.1%
30-35年 41万円 665万円 11.3%
35年以上 41万円 661万円 6.5%

(※1)上記の統計は、平成29年国家公務員給与等実態調査の結果に基づいています。
(※2)平均年収は、[平均給与月額×12+ボーナス(平均給与月額4か月分)]で計算しました。

航空管制官は国家公務員ですから、公務員法に規定された産休や育休を取得できます。

シフト勤務なので、土日出勤もあれば、夜勤もありますが、勤務時間は1日8時間で週休2日も確保されていますから、女性にとって家庭との両立がしやすい職業と言えるでしょう。

Tags

ライター