女性のための婚活方法6選:それぞれのメリット・デメリットとおすすめ

日本人の平均結婚年齢は30歳です。歳を重ねるにつれて婚活を考える人も多いでしょう。

しかし、まず何からしたらいいのか、どんな婚活方法があるのかわからない人も少なくないはずです。

そこで、これから婚活を始めようという人に、婚活方法6選とそれぞれのメリット・デメリット、おすすめのサイトなどをご紹介します。

自分のニーズにあった婚活方法選ぶときに参考にしてください。

おすすめの婚活方法6選

方法1. 結婚相談所

結婚への一番の近道は結婚相談所です。料金は入会金や活動費含め13万円程と高いですが、専属のカウンセラーが婚活の悩みや相談にのってくれ、お見合いから成婚までしっかりサポートしてくれるのが強みと言えます。

最近では、結婚相談所がお互いの会員を繋ぐネットワークシステムが誕生し、シェアを広げたことで5万人の登録者から自宅のPCを使ってお見合い相手を探せるようになりました。

結婚相談所のシステムは以上のようなものですが、会社によって内容も違うので、どのようなサービスやサポートが受けられるのかチェックすることが重要です。

メリット

専任のアドバイザーがつくため、婚活の相談ができ心強いでしょう。デートに着ていく服やどこに行けば良いかなど具体的なアドバイスをもらえます。人に不安や悩みを話すことによって婚活によるストレスが軽減できるはずです。

また、プロが自分の改善すべき点をアドバイスしてくれるため、効率的にステップアップできます。

そして条件にあった相手や相性の良さそうな相手をプロが探してきてくれるため、出会いが確実です。

デメリット

やはり何と言っても費用が高いところでしょう。

他の婚活方法と比べても気軽には始められない上、一度入会してしまうと婚活をやめたくなってもかけてきた費用が惜しくてなかなかやめられないようです。

また、結婚相談所まで何度も足を運ぶ時間と労力が必要となります。

おすすめの結婚相談所

結婚相談所はたくさんあってわからないという方のために、おすすめの結婚相談所をご紹介します。

「ゼクシィ縁結びカウンター」です。最大の魅力はお手頃な価格です。上でも説明した通り、結婚相談所の最大の欠点は価格です。

しかし、ゼクシィ縁結びカウンターは他社と比べても圧倒的に安いです。払うのは入会金3万円と月会費9000円のみで、他の初期費用、お見合い料、成婚金は一切かかりません。

婚活パーティーに何度も参加するなら、ゼクシィ縁結びカウンターの方が確実でお得でしょう。

安くて不安と思う方もいるかもしれませんが、入会1か月以内に8割の人がデートを成功させるという確固とした実績もあります。

まずは無料相談会に足を運んでみてください。

ゼクシィ縁結びカウンターをチェックする

方法2. 婚活パーティー

コスパの良さで人気なのは婚活パーティーです。

一般的にはパーティー会場で、グループや1対1で10分毎に相手が変わっていき、その後フリータイムという流れとなります。

婚活イベント会社によって婚活パーティーの種類や内容も特徴があって、アニメや料理などの「趣味コン」や、ハイキングや街を散策する「郊外型の街コン」なども増えているようです。

申し込みなどは、すべて自宅のPCからできますし、空席があれば当日参加もできます。

土・日・祝日だけでなく平日にも開催されていますので、自分のニーズに合った婚活パーティーを選んで参加できるのも良い点です。

年会費や登録料は不要で、参加料は女性なら500円~3,000円、男性は4,000円~7,000円程となっています。

メリット

その気軽さが人気で婚活を始めるならまずは婚活パーティーからという人も多いようです。

一度に15〜20人という大勢の異性に出会えます。また、最近ではバスツアーやBBQなど多様なイベントが開催されているため、自分自身も楽しめるでしょう。

友達と一緒に婚活している場合、一緒に参加しやすいです。

デメリット

何度も参加していくと費用がかさむ上、パーティーに着ていくための服などにもお金がかかってしまうでしょう。

また、勇気を出して自分から話しかけに行かないといけないなど、気疲れも多いようです。

パーティーへの服装や話のネタづくりなど事前の準備も必要となるでしょう。

婚活パーティーでの服装が気になる方はこちらの記事をチェック:婚活・お見合いパーティーでモテる服装:印象を残すワンピースは?

おすすめの婚活パーティー

特におすすめなのは「ゼクシィ縁結びパーティー」です。女性は1回のパーティー1000円〜2000円程度の低価格で参加できます。

他企業とのコラボ企画も多く、料理やプチ旅行など自然と会話が弾むものが多いので人見知りの方も安心です。また、1対1の個室パーティー
など一人でも参加しやすいパーティーが多いです。

「20〜30代」のようにパーティーのほとんどが年齢で区切られているため、同年代と出会いやすいでしょう。

ゼクシィ縁結びパーティーに参加する

方法3. ネット婚活

次に紹介するのが婚活サイト・アプリです。

ネット上で登録会員のプロフィールを検索して気になる人がいれば「いいね」ボタンなどでアプローチをし、相手も「いいね」を返してくれたらメッセージのやり取り・連絡先交換・デートと進みます。

出会い系サイトとの違いは、本人確認書類の提出が必要で、卑猥または誹謗中傷を含むメッセージの監視体制があり、女性も料金が必要なことです。

料金は月額2,000円~5,000円程となっています。

婚活サイトについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック:有名婚活サイト・アプリ8選を徹底比較:選ぶときのコツも伝授

メリット

一番の魅力はいつでもどこからでも出会いを見つけられる簡単さでしょう。また、ほとんどが低価格なため、他の婚活方法と併用している人も多いようです。

条件で相手を検索できて便利ですし、他の方法とは比べ物にならない何万、何十万の異性と出会うことができます。

デメリット

デメリットは安全性に欠けるところでしょう。サクラがいる場合もありますし、ネット上のやり取りでは相手が見れないため、本当はどんな人かわからないため不安なこともあるでしょう。

しかし、最近では身分証明書の提示が必須など各婚活サイトも安全面には力を入れているようです。

おすすめのネット婚活

特におすすめなのがマッチングアプリの「ペアーズ」です。

日本最大手なので安心ですし、年齢確認必須や24時間体制の監視体制など、安全面は徹底しています。

今注目のマッチングアプリで毎日約4000人が登録しています。そして累計会員数700万人超えで無限の出会いがあるでしょう。

ペアーズの会員のほとんどが真剣な交際や婚活目的で利用しています。条件や趣味のコミュニティなどで理想の相手がきっと見つかるはずです。

ペアーズに無料で登録する

方法4. 合コンセッティングサイト

合コンの幹事の役割をプロに任せられるのが合コンセッティングサイトです。

自分のプロフィールを登録して、相手を検索し、合コンの申し込みをして相手からOKの返事が来れば、プランナーが合コンをセッティングしてくれます。

面倒な日程調整やお店の予約も必要がなく、普通の合コンのように自然な雰囲気で一人でもグループでも参加できる気軽さが人気です。

年会費は無料で料金は男性は3,500円、女性は1,000円程となっています。

メリット

わいわいするのが好きな方はとても楽しめるでしょう。また少人数のため、距離が縮めやすく、恋愛に発展しやすくなります。

デメリット

真剣な婚活目的以外にもただ恋人が欲しいという人もいることです。あまり結婚を前面に出してがっつかないようにしましょう。

交際が始まってから少しずつ結婚の話をした方が良いでしょう。

方法.5 出会いスポットに行く

最近では出会い系居酒屋や婚活バーというものが増えてきています。また、思い切ってナンパスポットに行ってみるのも良いかもしれません。

SARASでは地域×出会いスポットの記事も多くあるので自分の地域を検索して、おすすめの出会えるお店やスポットに行ってみましょう。

メリット

プライベートな気楽な雰囲気で楽しめる。また、お酒を飲みながらなので自然と話も盛り上がるでしょう。

友達とご飯に行くついでにも気軽に行きやすく簡単に出会えるのが魅力です。

デメリット

婚活バーなど婚活というワードを掲げているお店以外は真剣な交際や出会いを望んでいる人が少ないです。

遊び目的のこともあるため注意が必要です。

方法6. 友人の紹介

周りに頼れる友人がいたら紹介してもらいましょう。また、友達が既婚の場合は旦那さんの友人など紹介してもらいやすいでしょう。

普通の交際も友人の紹介から始まることが多いため、交際できたら自然と結婚まで進むケースが多いです。

メリット

事前に友人から人柄も知ることができます。また、あなたのことを前から知っている友人であれば相性な良さそうな人を紹介してくれるはずです。

友人からの紹介であれば安心して相手と向き合えそうですし、交際前も友人に協力してもらいやすく、交際までスムーズでしょう。

デメリット

相手に好意をもたれて、自分は相手に興味がなかった場合、友人の立場も考えて断りづらくなる可能性があります。

その紹介によって友情を壊さないように注意が必要になるでしょう。

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る