スタイリストの給料事情:アシスタント時期は激務で低収入!

スタイリストは裏方として芸能界の仕事に携わる仕事なので、女性に人気の高い職業の一つです。

しかしながら、普段の生活でスタイリストと関わることは少ないので、スタイリストの実情を知っている人は少ないでしょう。

今回は、スタイリストの仕事内容、働き方、年収などを紹介します。

スタイリストの仕事内容

スタイリストは、タレントやモデルが着る服、アクセサリー、小物などをコーディネートするのが仕事です。

雑誌、広告、CM、テレビ、ドラマ、映画など、スタイリストの活躍の場はたくさんあります。

雑誌、広告、CMではアピールしたいものの特徴を引き出すことや、テレビではタレントの魅力を引き出すこと、ドラマや映画では作品のイメージを具現化することが、スタイリストの役割です。

スタイリストの具体的な仕事の流れは、依頼主と打ち合わせて衣装のイメージを固める、イメージに合う服・アクセサリー・小物を借りる、撮影当日にタレントやモデルに着つける、服・アクセサリー・小物を返却するが主となっています。

撮影は日中に行われるとは限らず、地方ロケには多くの衣装を持って同行する必要があります。そのため、不規則で拘束時間の長い仕事です。

スタイリストになるには

スタイリストの仕事は、特定の資格を必要としません。スタイリストになるには、服飾系の学校(専門学校・短大・大学)で学んだ後に、アシスタントとして修業を積むのが一番の近道です。

服飾系の学校では、主に、スタイリングの基本的なテクニックや、さまざなテーマを設定したコーディネート実習、スタイリング業界の仕組みを学びます。

実際に業界で働くスタイリストが講師をしていることも多いので、就職する前に業界の実情を知ることができます。また、カラーコーディネーターなどの資格取得のためのカリキュラムを用意した学校もあります。

実際に現場で働くには、スタイリスト事務所に就職するか、フリーのスタイリストとアシスタント契約を結び、アシスタントとして十分に修業を積んだ後に、一人前のスタイリストとして認められるのです。

アシスタントの仕事&年収

アシスタント時代は、スタイリストの仕事を手伝いながら、仕事の流れ、振る舞い方、人脈などを身に付ける期間です。実態は雑用係といっても過言ではなく、早朝から深夜まで働くことも多く、体力的にキツイ仕事でしょう。

また、アシスタントの給料は低く抑えられており、手取りの月収が10万円前後というのも珍しくありません。そのため、休日や仕事の合間にアルバイトをして生計を維持しているアシスタントも多いです。

さらに、有名なフリースタイリストは、アシスタントの競争率も高いので、給料がお小遣い程度と言うこともあります。いずれにしても、アシスタントは勉強期間と割り切る必要があるでしょう。

スタイリストの仕事&年収

スタイリスト事務所に所属するスタイリストは、事務所から割り当てられた仕事を担当し、事務所から給料をもらいます。そのため、自ら営業する必要はありませんが、年収は200~400万円と全職業の平均420万円と比べると低めです。

一方、フリーのスタイリストは、自ら仕事をとってくる必要があるので、頑張りによって年収は大きく変わります。有名なスタイリストになると、数千万円の年収も夢ではありません。

そのため、スタイリスト事務所で実績を積んでからフリーランスにステップアップするスタイリストが多いです。

スタイリストの仕事もアシスタントに劣らず激務です。しかしながら、フリーランスになれば仕事の量を調整できますので、女性にとっては家庭との両立も不可能ではありません。

Tags

ライター