同棲でお金をうまく管理する方法:ルールを決めてケンカをなくす

住むところ、食べもの、衣服など人が生活するにはお金が必要です。一人暮らし、実家暮らし、同棲であっても支払いは誰にとっても日々起こるもの。

家族間であったり自分のみでのお金を管理する場合は、貯金の話を横においておけば、必要な分支払いを済ませられることができれば良いだけの話ですが、同棲の場合は少し話が違ってきます。

支払いが滞らないようにするのは当然ですが、支払いのために同棲相手の彼に負担ををかけてはいけませんし、負担を強いられてもいけません。自分一人の責任だけで解決できないのが、同棲でお金を管理することの難しいところ。

お金の管理には、まずはお互いの意識が大事ですが、今回は方法をいくつか提案してみます。

共通口座

共通口座をつくる場合、知っておかなければいけないのが、二人の名義で口座を作ることはできないということ。

あくまで、自分たちのルールの中で共通口座という認識をするだけで、銀行で口座をつくるときの名義は一人しか登録ができないので、しっかり考えて承知の上で作るようにしましょう。

共通口座を設けたら、それは貯蓄用に使うのがお勧めです。

生活費をそこから引き出すことも可能ではありますが、自分個人用の通帳から、共通口座への送金、またそこからの引き出しとなると手間がかかり面倒になってきます。

共通口座には、お互いに決めた金額だけを定期的に入れるようにしましょう。もし、毎月の予算からもう少し貯金に回せるお金があり、貯金金額をアップさせたい場合もまずは彼に相談です。

共通口座はあくまで二人のものという意識のもと、相談とルールの遵守が必要になります。

アナログにレシート管理

まずは一カ月に使う生活費の予算を決めます。

予算内に収まるよう二人で協力して買い物や支払いを行いますが、自分が二人分の買い物をすることもあれば、彼が買い物をしてきてくれることもあるでしょう。

そんなときは、彼にもレシートをしっかり持って帰ってもらうようにお願いし、そのレシートをもとに割り勘するようにするようにします。

買い物をするたびにレシートの計算をするのは手間がかかるので、一週間毎、二週間毎に自分の溜めたレシートの合計の半分を彼に請求、彼の溜めたレシートの合計の半分の金額を彼に渡すといったように、ある程度のスパンを設けると効率が良いです。

ただし、レシートが多くなりすぎて計算が余計に煩わしくなってしまったり、気がついたら予算をオーバーしていたということがないよう、途中経過を見る意味でもスパンは長すぎないように設定しましょう。

お金管理をデータ化

ほとんどの人が持っているスマートフォンのアプリでお金を管理、というのもいいかもしれません。

データなので、ノートやペン、電卓など物理的なものが必要なく手軽に記録が残せます。中には、レシートを読み取ってくれる機能がついているものもあるので、自分で電卓を叩いて地道にメモをしなくてもサクサクと作業がすすみます。

特に、オススメの家計簿アプリに、家計簿マネーフォワード、Zaim(ザイム)などがあります。

レシートの読み取りはもちろん、銀行口座やクレジットカード口座などの連携が可能です。また、アプリによってはAmazonや楽天などオンラインECサイトのアカウントとも連携でき、ポイントや購入状況も管理できるのもあります。

多方面のお買い物・支払いをまとめて管理ができてお金管理の強い味方です。

マネーフォワード:Money Forward

Zaim(ザイム):Zaim

Tags

ライター