翻訳家の給料・年収はいくら?働き方や副業、将来性についても紹介

私たちが外国の映画を見るときには日本語の字幕が流れます。また子供の頃から日本語に翻訳された外国の本を数多く読んできました。

これらは翻訳家なしには観たり読んだりすることができません。このように翻訳家の仕事は、私たちに異文化に触れる機会を与えてくれる大きな役割を担っています。

今回は翻訳家の仕事や気になる給料などについてご紹介します。

翻訳家の仕事とは

翻訳家の仕事は、外国の言葉を日本語に訳して、日本語を母国語とする多くの人にその外国の書物やメディア、あるいは実務を理解することを手助けする仕事です。大きく分けて次の3つがあります。

文芸翻訳

外国の書籍や文芸作品を日本で出版するために翻訳する作業です。外国語能力はもちろんのこと、日本語による豊かな文章力や表現力が必要とされます。

メディア翻訳

外国の映画や、ドラマやアニメ、ドキュメンタリーなどのテレビ番組、歌詞などを日本語に翻訳して字幕をつけたりします。人が映像として一度に見られる文字数には限りがあるので、限られた言葉で的確に表現することが求められます。

またその時の社会背景や文化を把握していないと、上手に見る人に伝わる翻訳ができません。

実務翻訳

ビジネス用の文章や企画書、マニュアル、契約書などの実務において必要な文章を翻訳します。ビジネスについての知識はもちろんのこと、的確、正確、迅速な翻訳技術が求められます。

翻訳家になるには

翻訳家になるには特別な資格は必要ありません。翻訳家には外国語の技術が習得できる大学の英文科や外国語大学の出身者が多くいます。

また翻訳専門学校に入学して、外国語の勉強をしたのちにある程度成績が優秀なものであれば、卒業後に翻訳の仕事の進路が用意されている場合があります。

卒業後は翻訳専門会社に就職したり、翻訳会社に登録してフリーランスで働く人もいます。いずれにしてもクオリティーの高い仕事ができなければ、翻訳家として仕事をすることは難しいといえるでしょう。

翻訳家の給料・年収はバラバラ

翻訳家は、実力や働き方により大きく給料が変わります。

フリーランスの翻訳家

多くの翻訳家がフリーランスとして働いています。収入は、翻訳する文字数×単価によって決まるようです。専門的な知識を要する医学や金融関係は比較的単価が高くなる傾向にあります。

実力が高く、そのような専門的な知識を身につけている翻訳家で年収1000万円を超える人もいますが、翻訳だけでは生活が成り立たずに他に職業を持つ、二足の草鞋を履く翻訳家もいるほどです。

企業勤務の翻訳家

実務翻訳などでは、多くの人が会社員として会社に所属して翻訳の仕事をしています。その際には会社の定める勤め人としての給与体系に準じます。

それでも実力により給料の差が生じ、質の高い仕事ができる人は高い給料を保証されることも。

ただし翻訳者として企業に属している人はほんの一握りであり、ほとんどの翻訳者はフリーランスとして働いています。

翻訳家の将来は厳しい…

これまで翻訳家とは、該当分野に強い一部の人たちが請け負う仕事としてのイメージが強くありました。しかし世界的なネットの普及により、ある一定の団体や個人が容易に翻訳業に参入することが可能になっています。

例えば大学時代に英語の勉強をしていた主婦が、家事の空き時間を利用して、安い単価で翻訳の仕事をするといったことが普通にできるようになりました。

産業翻訳などの高い技術を必要とする翻訳家は、まだまだ重要があり高い単価で仕事ができますが、いずれは世の中の変化に飲み込まれる可能性があります。

しかしこのように容易に世界中と繋がることができるような、大きく変わりつつある世の中の変化において、やり方によっては大きな可能性を秘めているとも言えるでしょう。

Tags

ライター