子供をおろす前に知っておきたいこと4つ:中絶の手続きや方法、リスク

妊娠は本来おめでたい出来事ですが、望まないタイミングで妊娠してしまうこともあります。そんなとき、やむを得ず「中絶」という決断をせざるを得ない時もあるでしょう。

しかしながら、中絶にはさまざまな制約やリスクが伴います。このページでは、子供をおろす前に知っておきたいことをご紹介します。

中絶が可能な時期

日本において、人工妊娠中絶が認められるのは妊娠21週6日目までです。これ以降は、倫理的な問題と、母体に危険を及ぼす可能性があるので認められません。なお、妊娠週数は、最終月経の初めの日を0週0日目として計算します。

また、人工妊娠中絶は、妊娠12週未満までの「初期中絶」と、妊娠12週以降~22週未満までの「中期中絶」とに分けられます。一般的に胎児が成長するほどリスクが高まりますので、中絶を決断するなら早い方が良いです。

中絶に必要な手続き

人工妊娠中絶には、以下の書類が必要となります。
 ■中絶の同意書
 ■あなたの身元が確認できる書類(運転免許証、パスポート、保険証など)
 ■あなたが未成年なら保護者の同意書

中絶の同意書には、原則としてあなた&相手のサインが必要になります。しかしながら、相手が誰かわからない、相手の行方がわからない、相手が死亡している場合には、例外的に相手のサインが不要になります。

また、未成年者は親に内緒で中絶したい場合もあるでしょう。しかしながら、中絶には麻酔も必要ですしリスクも伴いますので、保護者の同意なしで処置してくれる病院は少ないです。

中絶の方法

中絶の方法は、初期中絶と中期中絶とで全く異なります。

掻把法~初期中絶①~

掻把法は、ラミナリア桿を子宮口に差し込んで子宮を広げた後で、胎盤鉗子を挿入して子宮の内容物を掻きだす方法です。掻把法は、妊娠12週未満ならいつでも実施できます。一方、掻把法には、子宮鉗子で子宮内を傷つけるリスクもあります。

吸引法~初期中絶②~

吸引法は、子宮内に通した細いチューブを通じて子宮の内容物を吸い出す方法です。吸引法は、掻把法のように子宮内を傷つけるリスクは低いです。一方、吸引法は、胎児が大きくなると実施できないので、妊娠10週目までと考えておきましょう。

中期中絶

中期中絶は、日帰りで処置が可能な初期中絶と違って、数日間の入院を必要とする大がかりなものとなります。まず、入院1日目に子宮口に器具を挿入して、胎児が出やすい大きさまで子宮口を広げます。

次に、入院2日目に陣痛促進剤を投与して、陣痛が始まるのを待ちます。陣痛が始まったら分娩台に移動し、通常の分娩と同様の方法で胎児を外に出します。

なお、妊娠12週を過ぎてからの中絶は「死産」とみなされるので、7日以内に死亡届けを提出しなければなりません。そして、火葬許可証が発行されたら、胎児を火葬し埋葬します。

中絶のリスク

中絶は、さまざまなリスクを伴います。中絶のリスクは、肉体的なものと、精神的なものに大別されます。

肉体的なリスク

まず、掻把法は、子宮鉗子で子宮内を傷つけるリスクがあります。また、中期中絶で陣痛促進剤を使用すると、子宮破裂を起こす可能性もゼロではありません。さらに、取り残した組織が子宮内で胎盤ポリープとなって、大量出血を起こす可能性もあります。

精神的なリスク

中絶は、あなたの身体に宿った命を絶つ行為ですから、後悔や罪悪感に苛まれる女性は少なくありません。中絶後に気分の落ち込みが続くようであれば、早めに心療内科を受診することをオススメします。

Tags

ライター