合コン後に送るメール・LINEのポイント14選:タイミングや内容、脈ありLINEを紹介!

気になる彼を彼氏にするためには、合コン後のメールやLINEが重要。しかし、女から送ると引かれるのではないか?何日後にどのようなメッセージを送れば良いのか?と悩んでいる方も多いはず。

そこで今回は、合コン後に送るべきメール・LINEのタイミングや内容、「返信はすぐにする」「2日〜2週間以内にデートに誘う」などメッセージを送る際の注意点について紹介します。

脈ありサインや、デートに誘うポイントもわかりますよ。ぜひ参考にしてください。

合コン後にメール・LINEを送るべきタイミング

解散直後のメッセージはお礼程度にとどめる

解散後にメールを打つのなら、簡素なお礼程度の文章にしましょう。

そして、男子全員にお礼メールを送るときは、一斉送信は絶対にNGです。男子からしたら、特別感も何もなく、ただの社交辞令としか思いません。

「この子、なんか合コン慣れしているな〜」と軽く思われて逆効果になるでしょう。

ありがとうLINEは翌日

合コン解散後にすぐ送るというのもいいのですが、深夜遅くだとちょっと失礼ですよね。

もしかすると、男子の方はもう帰宅してすぐにでも熟睡したいというテンションかもしれません。

翌日にメールが来た方が、男子も「あっ、昨日の子だ!覚えていてくれたんだ」と、冷静になってありがたさが倍増するのです。

気になっている人には多めに連絡

お礼のメッセージは全員に送るのがマナーですが、興味がない男性とのやり取りは、早めに終わらせるようにしましょう。

気になっている人とだけ連絡を取ることで、相手に自分のことをアピールすることができます。

2日~2週間以内にデートに誘う

合コンからデートに誘うまでの期間は、2日~2週間以内がおすすめ。あまり間を空けすぎると、その間のLINEやメールのやり取りに苦痛を感じてしまうかもしれません。

また、気持ちが冷めてしまう場合も考えられます。合コンでの印象や記憶が新鮮なうちに、デートのお誘いをするようにしましょう。

合コン後に送るメール・LINEの文面・内容

直後は全員に連絡をする

先ほども書きましたが、合コンの直後は、連絡先を交換した人全員に「来てくれてありがとう」「今日は楽しかったです」など感謝の気持ちを送りましょう。

ポイントは、一斉送信ではなく個別に送信すること。後日、友人同士であなたからのLINEの話題になるったときに、コピー&ペーストだとバレてしまいます。

社交的で、お礼がきちんとできる女性は誰が見ても素敵なので、気になる彼の印象をあげるためにもひとりひとりに心を込めたメッセージを送りましょう。

1通目は相手が返信しやすい内容で

まずは1通目のメッセージは、一方通行で終わらないような話にしましょう。意見をきいたり、相手が返信しやすい内容にすることが大切です。

合コン中に聞いた相手の趣味など、相手が得意としている話題の質問をするのは特におすすめ。

自分の好きなものに興味を持ってくれているんだと、返信がしやすいだけでなく好印象を与えられますよ。

気に入った男子へは少し違う文を送る

お礼メールは男子全員に送るのがいいのですが、本命の男子には少し違ったメールを送りましょう。

”また会いたい”ということを匂わせたり、”2人で”といった、こちらが相手に好意があるということを感づかせる文を盛り込むことが大事です。

相手の体調を気遣う

「結構たくさん飲んでいたけど二日酔いはない?」「残業おつかれさま、ご飯はちゃんと食べてる?」など、相手の体調を気遣うメールを送ってみましょう。

きっと男子はあなたのやさしい気持ちにグッときます。

次につながりそうな内容にする

相手が明らかに乗り気でないときに、押せ押せでデートに誘っても断られるだけです。

合コンで相手と話した内容を振り返り、共通する話題から始めましょう。「一緒に行ってみない?」など、まずは軽く誘うことが大切です。

はっきりした好意は、相手にいきなりYESかNOの判断を迫ることになってしまいます。これから関係を築いていくという段階ですから、まずは信頼を得ることに重点を置きましょう。

合コン後にメール・LINEを送る際の注意点

返信はためすぎない

もし相手からメールやLINEをもらったなら、すぐに返信するのが鉄則です。万が一、仕事などで遅れてしまったら、その理由をしっかり書きましょう。

仕事が理由なら、どんな仕事をしているのかも書いてもいいかもしれません。自分の情報も相手に伝えていきましょう。

短文で送る

意識したいのは、長文でダラダラと送るのではなく短文で返事しやすいように送ってあげること。

相手が返事をするのに考え込ませないことで、リズムよくメッセージのラリーが続くようになります。返信するのがめんどくさいと思わせないのがポイントですよ。

そんなやり取りが続けば、ただの合コンで会った人から、気になる人へと昇格できます!

ここぞという時はハートマークをためらわない

女性は何気なくよく使用するハートマークですが、男性はこの単なるハートマークにイチイチ反応してしまう生き物。

だからこそ、いつものやりとりでは使わず、ここぞという場面で使いましょう。

約束した前日に、思い切って「明日、楽しみにしてます♡」など、意外性があって効果的です。

男子から誘いやすいメールをする

「あそこのラーメン屋さん、すごく美味しいってほんと?」「すごく行列が出来ていたけど知ってる?」のように、男子から誘いやすいメールを送ってみましょう。

食事だけであれば男子も誘いやすく、ラーメンなど安めのメニューであれば、家庭的な女性を演出できるかもしれませんね。

デートの日は自分から提案

相手に都合がいい日を決めてもらうことも大事な気遣いですが、なんだか丸投げしているようにもとられがちなので、ある程度の日付や時間は絞っておきましょう。

しかし、怖いのはその絞った日付が全部ダメだった時ですよね。そんな時は、日付指定ではなく曜日の指定にすると、相手側も決めやすく、案外あっさり決まりますよ!

合コン後の脈ありLINEとは

返信が早い

返信が早いのは、脈ありな証拠。自分が興味ない相手であれば、つい返信を後回しにしてしまうものです。

しかし、相手がマメな男性である可能性もあるので、他の女子にメッセージの頻度を確認するのも良いかもしれません。

あなたとだけLINEが続いている、やり取りの回数が多いということであれば、完全に脈ありですよ。

文章が長い

文章が長いのは、2人の会話が盛り上がっている証拠。話題が多くなるほど、つい文章が長くなってしまいますよね。

しかし、あまりにも話題が多いと返事が億劫になってしまう場合があるので、自分からメッセージを短くするよう意識すると、負担なくメッセージのやりとりを続けることができます。

プライベートの話題が多い

好きな相手には、自分を知ってほしいと思うもの。当り障りのない話から、お互いの趣味や好みの話をするようになったら、2人の距離が近づいている証拠です。

プライベートで共通点が見つかったら、もっと詳しく話したいと食事に誘ったり、それに関係のあるスポットへのデートに誘いやすくなりますね。

男性からデートに誘ってきたら、脈ありと判断して良いでしょう。

男性の脈あり行動についてより詳しく知りたい方は、男性の脈ありサイン18選!行動やしぐさ、職場や初デートでの脈ありサインとは?も参考にしてください。

Tags

ライター