独身の息子を結婚させる方法:親がやってはいけないNG行動とは?

独身の息子に対し、結婚してほしいと感じている親は意外にも多くいます。また、結婚適齢期が過ぎた35歳の独身男性であると、今後結婚ができるか心配にもなります。

しかし、結婚してほしいなどとは言えず、どの様に結婚を促せばよいのか悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

独身である息子の気分を害さずに結婚させる方法を紹介します。

独身の息子に親ができること

同居をやめる

もし、息子が30歳を迎えても独身で実家にいる場合、一人暮らしをさせましょう。

実家暮らしよりも、一人暮らしの方が外食をしたりするので自然と出会いも増えます。

また、金銭的にも精神的にも自立することが可能です。そのため、男性としての頼もしさが生まれ、女性から魅力的に見られます。

婚活というものを理解する

婚活というワードと内容に馴染みがなく、内容も分からないという人も多いのではないでしょうか。

結婚相談所は入会金がかかるなど、悪徳なものではと思う方もいらっしゃるかも知れません。しかし、婚活や結婚相談所の利用は、正しい場所を選ぶことで成婚率も非常に高くなります。

まずは主な結婚相談所で行われているサービス内容から理解して行きましょう。

登録者だけの婚活パーティーやプロのスタッフから、良い関係を気付くためのアドバイスもあります。プロの目で見てマッチする相手を選んでくれ、実際に会う約束まで取り付けてくれるのです。

現代ではお見合い結婚は少ない

昔は、結婚適齢期を過ぎた息子にはお見合い結婚をさせるということも多かったのです。

しかし、現在ではお見合いというワード自体が古く、変わって出てきた文化が婚活です。

結婚適齢期を過ぎた独身の息子にはお見合いを勧めるのではなく婚活を勧めることが正しいと言えるでしょう。

まずは結婚相談所の資料を取り寄せましょう。資料請求は無料です。息子の名前で取り寄せることで目に触れるようにすることも有効でしょう。

息子に結婚を意識させる

結婚適齢期を迎えるまでは、まだやりたい事がある・仕事が忙しいなど、様々な理由で結婚に現実味がありません。

しかし、適齢期を過ぎた息子であれば、結婚することが人として成長することに繋がることも理解しています。そして、親もその成長を望んでいるはず。

まずは息子の気持ちを理解し、しっかりと話し合うことも大切です。結婚を急かす前に、いくつか確認しておくべきことがあるのです。

交際している女性の有無・好意を寄せている女性の有無を確認します。

職場には出会いが有るのか無いのか、実は婚活をしているのかまで聞くことが出来るとなお良いでしょう。

婚活費用の援助

婚活にも乗り出していない場合には、婚活のサポートをしてあげることも有効です。

大手の結婚相談所では、プロフィールデータを元にマッチングさせるデータマッチング型で、大勢の女性の中から好みの女性を紹介してくれます。

婚活をしているのに成果が出ないなど、結婚に対し余りにも後ろ向きでない限り有効な手段でしょう。

息子が、安くはない入会金の支払いに躊躇している可能性もあります。結婚相談所を利用してみたら?と、シンプルに提案し、早く結婚してほしいなどと余計な一言は加えないようにします。

事前に無理なく援助できる結婚相談所を選んでおくと良いでしょう。

息子に対してやってはいけない行動

独身の息子を結婚させようと、息子の存在や気持ちを無視して親が婚活に走るというケースも増えています。

しかし、この場合はほとんどのケースで上手く行きません。互いの息子、娘が乗り気ではない、または親同士が婚活をしていることなど知る由もなければ、その行動自体に不信感や疑問を持たれてしまうだけです。

骨折り損にならないためにも、まずは息子の気持ちや状況を理解することが大切です。

独身者の親同士のお見合いパーティーに勝手に参加したり、結婚することがあなたのためだと言い続け、息子が幸せに感じることが何かを知らずに結婚を急かすことが絶対に止めましょう。

独身の息子に婚活をさせたいなら

守る家族が出来る大変さや、それに勝る喜びや幸せを感じてほしいと思うが故に、結婚を急かしてしまっているのではないでしょうか。

しかし、まずは息子が独身で居る理由や、気持ちを理解することが大切です。その上で、資料請求だけしたり徐々に婚活へのやる気を出させてはいかがでしょうか。

婚活サイトの楽天オーネットでは、無料で結婚力診断が行えます。息子と一緒に半分お遊びの気分でやってみてください。

この診断では、その人に合った相手や紹介方法が分かるので、今後の婚活に活かせるでしょう。

楽天オーネットで無料で結婚力診断を受ける

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る