実家暮らしの独身女性の特徴5つ:結婚するために変えるべきことを紹介

アラサーの実家暮らしとアラフォーの実家暮らしでは、少々印象が異なるという事は無いでしょうか。何故実家で暮らしているのだろうかと疑問に思われてしまうのです。そして、実家暮らしの女性、特にアラフォーの独身女性は結婚ができないと言われています。

その理由は大きく分けて5つほど。順番に見て行きましょう。自分に当てはまると感じた場合は、要注意です。結婚・婚活に向けて、改善できる点は改善して行きましょう。

精神的に幼いと思われてしまう

会社員の初任給では、都心で一人暮らしをする事は難しいかも知れません。しかしアラフォーともなれば、ある程度立場も上がり給料増えているはず。お金が無いからという理由は通用しないのです。自立していないという印象を持たれるます。

また、引っ越しの初期費用は多くて50万円、手取りで20万円もあれば生活費として十分です。

お嫁さんとして不十分という印象

実家にいるというだけで、料理や家事が出来なさそう・気楽に暮らしていそうなど、勝手にマイナスな想像をされてしまうのです。

また、料理が得意であるとアピールしても、家事は料理を作ることだけではありません。そのため、家事が出来るというアピールには直結しないのです。

実際にはそうでなくとも、自分の生活をさらけ出すことなど出来ないのです。持たれるイメージというものはとても重要です。

家事は実践して初めて要領が分かるもの。実際には料理が得意であってもイメージが先行しますし、料理が趣味イコール家事が出来るとは思われません。

親離れが出来ていない

親が一人暮らしに反対しているという理由で、実家暮らしを貫いているアラフォー女性も多いのではないでしょうか。これは自立が出来ていないという典型例です。

自立が出来ないという以外に、高齢となって行く両親から離れることが心配という考えを持つ方も多いはず。しかし、対策方法も沢山あります。実家の近くに住み、時間があれば顔を見せに行く、毎日必ず連絡を入れることで心配はなくなるのではないでしょうか。

お金の管理が出来ない

実家で暮らしていれば、生活費を入れているはずです。しかし、実際に暮らしている中で食費・光熱費などにいくらのお金を使っているのか、親が管理をしているために分からないという方が多いのではないでしょうか。

これは、男性から見れば金銭感覚に不安を覚えてしまいます。家計をやりくりする能力がないと思われます。

無駄使いをしてしまいがちになり、やりくりをしていないため節約方法が分からないこともマイナスポイントです。

親の目が気になる

アラフォーで実家暮らしをしている女性は、両親から非常に大切に育てられていることが分かります。

両親も同様に、子離れが出来ていないという印象を与えてしまい、交際や結婚となった場合に面倒な事になるのではと思われてしまうのです。両親の印象まで左右します。

結婚は当人同士だけの問題ではないのです。子離れさせるために、まずは自分が親離れをしてあげることも大切です。

結婚出来ない理由は、実家暮らしであることと関係があることが分かります。片親である・介護が必要であるなど、何の事情もなく実家暮らしをしている女性は男性から嫌煙されがちです。

自立した女性になると決めて行動をする事は大変な事かも知れません。親離れをしなければならず、これまでとは大きく生活が変わります。しかし、結婚をしたいと考えるのであれば、意を決して実家暮らしから卒業することも重要な事なのです。

Tags

ライター