外資系の彼氏との上手な付き合い方・注意点5選:家庭的な女性を目指す!

外資系の企業に勤める彼氏を持つと、給料が高いのでとても幸せにしてくれそうな印象を持つでしょう。外資系企業の社員は皆高学歴で仕事もできる人が多く、誰が見ても憧れの存在です。

英語をそつなく話す姿にも多くの女性が「かっこいい…」と惚れ惚れするはずです。

今回は、そんな外資系の彼氏を持った時の上手な付き合い方や注意点を、紹介していきます。

仕事に理解を示す

まず、外資系企業に勤める彼氏を持ったときは、誰よりも彼の仕事に対して理解を示してあげることが必要です。

外資系企業は、若いうちから相当稼ぎも良い分、彼女より仕事を優先する程、恐ろしく仕事が忙しいです。定時で帰れることがほとんどなく、休日出勤や海外出張もなどもたくさんあります。

また、日常的に会えない日が続いたり、連絡もほとんど取れない日が続くこともあり得ます。そのたびに「かまってほしい」と彼に依存すると、彼を困らせてしまうだけになってしまうでしょう。

そのため、外資系企業で仕事をしているという彼氏のことを誇りに思い、応援しそばで寄りそう姿勢が一番大切です。

しかし、外資系の仕事は仕事が忙しい反対に休みが多いです。オンオフがはっきりしているので、ゆっくり過ごしたり旅行に行ったりすることができるかもしれません。

彼を自分のステータスにしてはいけない

収入や経歴に惹かれて外資系の企業に勤める男性と付き合いたがる女性は非常に多いものです。確かにきっかけとしては彼のスペックの高さに惹かれたのかもしれませんが、それを自分自身のステータスにするのは良くないでしょう。

彼氏の収入や外から見た評価しか見られない女性は、そんなエリート男性と付き合っている自分に酔ってしまっているだけなのです。彼氏の人柄や能力的なところをしっかりと見てあげることができなければ、長く彼と付き合うことは難しいでしょう。

家庭的な女性が好まれる

外資系の彼氏を持つと、自分自身もエリートのように彼と肩を並べなければと焦る女性も多いです。しかし、意外と彼氏の方は彼女に知的であることや仕事ができることなどは、求めていないこともあります。

外資系に勤めているようなエリートの男性は、女性をリードしていきたいタイプの男性が非常に多い傾向にはあります。そのような男性が女性に能力を求めるとしたら、どちらかと言えば料理などの家事スキルです。

自分についてきて、サポートしてくれるような献身的な女性を好む外資系の男性が多いことを覚えておきましょう。また、結婚を考えた上で、倹約家をアピールするのも良いです。

ちょっとした賢さも必要

上では家庭的な女性が好まれるということを紹介しましたが、女性は全く知性が要らないわけではありません。彼よりも抜きんでる必要はなく、むしろ能力的な部分では彼を立ててあげるべきでしょう。

しかし、あまりにも教養がないと、エリートである彼氏とは日常的な他愛のない話でも、話がかみ合わないことが出てきてしまいます。

ある程度の賢さ、教養、もしくは新しいことを学んでいく姿勢を持つことが、外資系の彼氏と良い関係を築いていくポイントになります。

今自分自身に知的さが望めなかったとしても、彼が話す難しい話を一生懸命勉強しようとする姿勢を見せることができれば、それだけでも彼にとっては非常に印象が良いものです。

自己評価が高くチャラいのも特徴

外資系の彼氏は、外資系というだけでモテるのでチャラい人が多いです。そのため、自分に自信を持ちやすいという特徴があります。そのような時には、彼の仕事への尊敬を忘れず、癒やしの存在になることが大切です。

また、国際的で社交的な人が多く、一緒にいて楽しいという魅力もあります。そんな彼の隣に立つのであれば、自分も社交的で明るい存在になり、上品な美しさを保つ自分磨きも忘れないようにしましょう。

Tags

ライター