羨ましいと思う時も・・・ママ友間の格差を感じる瞬間5つ

子育て中の芸能人が雑誌やブログなどでセレブな生活を紹介しているのを見ては、自分との生活の差に愕然としたことはありませんか??

でも、芸能人ではなくても、一般人で華やかな生活をしている人っていますよね。あなたの周りにそんなセレブなママ友はいませんか?

そこで今回は、ママ友間で格差を感じてしまう瞬間をご紹介したいと思います。

ママ友との格差を埋めるために自分で少しでも稼ぎたいと感じている方は、大手転職サイト「リクルートエージェント」で仕事を探してみましょう。

リクルートエージェントで仕事を探す

①ランチが高いお店を選ぶ

ランチは、ママ友との格差がどうしても見えてしまう瞬間。ママ友同士、仲良くなればお食事に出掛けたりするでしょう。誘われても家庭の生活費を考えると毎回は行っていられない……なんてこともあります。

自分としては1000円くらいで抑えたいと思っていても、相手から3000円以上のお店なんて予約されてしまったら、旦那様の稼ぎがよっぽど良いんだと格差を感じますよね。

②高層マンションに住んでいる

住宅も、格差を如実に感じるポイントですよね。

お家は高い買い物ですし、賃貸暮らしをしている人からすればすでにマイホームを持っているか家庭をうらやましく思ったりします。

自分のお旦那の給料では絶対買えないようなお家に住んでいるママ友が身近にいたら、絶対に格差を感じてしまう瞬間ですよね。

③子供にいくつも習い事をさせている

子供の教育費も、経済力を図る指標としては大きいです。ママ友同士、どの学校に行くかという話で盛り上がるかと思います。公立なのか私立なのかで格差を感じるのみならず、子供の学力も気になるものです。

私立か公立かでかかる学費も全然違います。子供が幼い頃からいくつも習い事をさせている家庭を見ると、格差を感じてしまいますよね。

④子供にいつも高いお洋服を着せている

子供の洋服はすぐにサイズアウトしてしまいます。特に乳幼児のときは、本当にすぐに着れなくなってしまいます。

しかし、子供のお洋服がいつも百貨店ブランドのものだったりすると、余裕があるな~と格差を感じてしまいますよね。

⑤ママ自身もいつも高そうなお洋服を着ている

ママ自身もいつも小奇麗にしている方っていますよね。

安くておしゃれなお洋服は増えましたが、いかにも高そうなお洋服やバッグを持っていたりすると、裕福なんだなと格差を感じちゃいます。

子供や自分自身のおしゃれにお金をかけたいという方は、家事と両立しながら事務や受付のお仕事をするのもいいかもしれません。

大手転職サイト「リクルートエージェント」なら、自分の希望条件や職種に合わせてお仕事を探すことができます。

非公開求人も多く扱っているので、大手企業や有名企業の事務職に就ける可能性もあります。

リクルートエージェントで仕事を探す

妊娠・子育ての悩みをもっと見る

記事の著者