ベビーシッターの給与・年収:時給の相場やフリーランスも

ベビーシッターの仕事に就いて働きたい。でも気になるのが給与です。果たしてベビーシッターで生計を立てることができるのでしょうか。

まずはベビーシッターになる前に、この仕事でどれくらいの給与が支給されるのかといった、相場を知っておく必要があります。

いざベビーシッターの職に就いたはいいが、希望に見合った給与がもらえなければ、働く上でのモチベーションに影響してしまいます。

今回はそんな気になるベビーシッターの給与について詳しくご紹介します。

ベビーシッターの仕事

まずはベビーシッターの仕事について見てみましょう。

ベビーシッターとは

現在のように共稼ぎの家庭が増え、なおかつ保育所などの入園待機児童が増加する中で、ベービーシッターの需要が増えています。

活動の場としては、保育園、自宅、依頼主の自宅、企業の保育室、各種イベントの保育スペースなどがあり、そのほかにもスポーツ会場や映画館などさまざまです。

働き方においても、午前中だけ、あるいは午後だけ預かったり、土日祝日のみ預かったりと、依頼者からの希望により異なります。ベビーシッターの仕事が計画的にできれば、空いた時間で他の仕事をすることもあります。

特に大掛かりな準備が必要ではなく、おもちゃなどの道具は依頼主のものを使用するので、体一つあれば仕事をすることができるのは嬉しいです。

資格は?

ベビーシッターになるには、特に資格は必要ありません。

子供の面倒を見るのが好きで、働きたい意欲がある人なら誰でも仕事に就くことができます。あえて資格を取りたいのであれば、全国保育サービス協会が認定する、認定ベビーシッターという民間資格があります。

それほど難易度は高くはないので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ベビーシッターの給与

ベビーシッターは、パートやアルバイト、あるいは派遣会社に登録をして働くケースが多い職業です。

その場合の給料は時給制がほとんどです。仮に派遣会社に登録をして、自分の希望する条件に見合う仕事の依頼を受け、各依頼主のもとで働く場合でも、多くの場合は時給制が採用されています。

気になる時給の相場は、1000円〜1500円ほど。早朝や深夜の勤務の場合には割り増しの手当がついたり、前述したように資格を有する人や経験者には、幾らかの上乗せがあることも。

年収についてみれば、時給1200円として1日5時間働けば、1日あたり6000円になります。仮に20日間をベビーシッターの仕事に当てれば1ヶ月の給与は120000円。年間にして144000円にもなります。

このようにコンスタントに仕事があれば、それなりの収入を得ることができます。

その反面、依頼者からの仕事が入らない場合には、自分の望む収入に届かないこともあります。その場合には、他の仕事をしながらベビーシッターの仕事もすることを想定しなければなりません。

あくまでも空き時間を利用しながら、まずは家庭と仕事を両立させるスタンスで取り組んでみてはいかがでしょうか。ある程度実績を積めば、そのうちコンスタントに仕事の依頼が来ることもあるでしょう。

フリーランスとしてのベビーシッターの仕事

ベビーシッターの仕事を個人で開業する方法もあります。

派遣会社や企業に属さず、個人で行うメリットとして、依頼者と直接契約ができるので、中間マージンが一切発生しません。

また一つの依頼者の専属シッターとして契約できれば、しばらくは安定した収入を得ることができます。

しかし、そのようになるには長い時間による経験の積み重ねや、依頼者からの信用がなければ、安定した契約を結ぶことができません。

トラブルが発生した際にも、自分で責任を取らなければなりませんので、その辺りの苦労が多いことも理解しておきましょう。

まずは信頼を得ることに専念する

ベビーシッターは、子供という生身の人を扱う仕事なので、何よりもお客様からの信頼がものを言います。単に給料がいいからとか、子供が好きだからとかだけでは、安定した仕事に就くことができません。

ベビーシッターは、本人の人柄も大切です。「この人に預けたら安心」と思えるようなベビーシッターを目指せば、そのうち仕事の依頼が増えて、自ずと時給が上がります。ある意味とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

ライター