消防士に転職する方法:やりがいはあるが、資格試験や体力作りが必要?

危険と隣り合わせの消防士。火災が発生した時には、速やかに消化活動を行います。病人や怪我人の通報連絡があれば、適切な応急治療や各医療機関へ搬送する救急活動やなど、人の命や財産にかかわる大事な任務を担う仕事です。

今回は消防士を志す人たちのために、消防士の主な仕事や消防士への転職方法、未経験者が消防士になれるのかなどをご紹介します。

消防士の仕事

消防士は、各地方自治体に設置された消防本部や消防署に所属しています。消防士は、火災や事故などから消化や救助により尊い人命を守る、私たちの社会においてはなくてはならない仕事です。

消防士の主な任務は、消火・救助・救急・予防・事務作業に分けられます。

消火

消防士について、私たちが最もイメージするのがこの消火活動です。消防士は現場からの通報により、いち早く現場に駆けつけて消火活動に当たります。

火災現場も住宅地や高層ビル、工場や繁華街と様々で、その場に対応した消火活動により、周りへの延焼を防ぎながら速やかな消火活動が行われます。

時には燃えている建物の中へと危険を顧みず突入したり、燃え盛る火の至近距離からの消火活動は、危険を伴うとても過酷なものです。

しかし災害の起こらない日にも、日頃からきびしい訓練を重ねることで、滞りなく現場に駆けつけられるよう、24時間体制で私たちの安全を見守っています。

救助

火災現場においては、消火活動のみならず火災現場に取り残された人たちの救助に当たります。また交通事故や、交通事故以外の一般事故現場ではけが人や急病人の救助活動を行います。

さらに、山の崩落や河川の氾濫により、現場に生き埋めになったり、身動きができない人を助け出すことも主な仕事です。

救急

通報により現場に駆けつけ、けが人や急病人の応急処置を行い、各医療機関へと搬送するのが救急活動です。現場へは3人が救急車で向かい、そのうち最低1人は救急救命士の資格を取得しています。

一刻を争う現場での処置は適切かつ迅速さが求められるので、資格を持つ救急救命士の存在が不可欠です。

予防

あらかじめ火災が発生しないよう、建物の安全チェックや消火設備の検査や正しい使い方の指導などを行います。また学校や企業、地域などに出向いての消防訓練や消火器の使い方などを指導します。

事務作業

書類の作成、経理といった私たちが表立って目にすることのないことも消防士の仕事です。

消防士へ転職するには

まずはご自分の年齢を考えてみましょう。30代で初めて消防士への転職を考えているのなら、消防士は経験や体力がものを言う仕事であり、年齢制限もあるので、消防士への転職は厳しいです。できれば20代前半から遅くとも半ばくらいまでが理想です。

消防士になる手続き

消防士は地方公務員にあたるので、他の職業から初めて消防士を志す人や未経験の人は、まずは公務員試験に合格しなければなりません。

各自治体により年齢制限が設けられていますが、遅くとも26歳から30歳までが受験資格になるので、30代は資格外です。さらに身体的条件が加わります。

消防士試験には、Ⅰ類(上級)の大卒程度の試験レベル・Ⅱ類(中級)の短大卒程度の試験レベル・Ⅲ類(初級)の高卒程度の試験レベルの3種類があります。

ちなみに20代後半での消防士転職は、I類の大卒レベルの試験を受けることになる場合があるので、合格するにはかなりの努力が必要です。

また10代後半や20代前半で既に消防士の仕事についている人との体力の差が、著しく開く可能性もあるのでそのあたりの努力も惜しみなくしなければなりません。

女性消防士の場合

採用枠は少ないですが、女性の消防士を採用する自治体もあります。試験等は男性と変わりませんが身体的条件として、身長はおおむね155㎝以上、体重はおおむね45㎏以上、肺活量は2,500cc以上となっています。

受験から配属の流れ

第一次試験は主にマークシートによる筆記試験です。人文化学・文章理解・社会科学・自然科学・国語・英語・数的処理などから出題され、問題数は40~50問程度です。

第二次試験は面接や体力試験です。腕立て伏せや反復横跳びなどを行い、面接では志望動機などが尋ねられます。これらの試験に合格すると、消防学校において消防士としての勉強や訓練を1年ほど行い、その後各消防署へと配属になります。

消防士への転職を成功するために

このように消防士に転職するには、かなりの努力が必要になります。しかし人の命や財産を守る仕事として、とても誇り高くやりがいのある仕事と言えます。

消防士への転職を成功させるために、日頃からコツコツと試験合格への知識を深め、一方で現場でも通用するような体力作りに励み、消防士になる夢を叶えましょう。

ライター