通関士に転職する方法:未経験からの近道も

貿易の仕事に携わる通関士。普段はあまり馴染みのない職業ですが、貿易の割合がとても高い日本において、通関士の仕事無くして日本の経済は成り立たないほど、重要な役割を果たしている職業です。

今回は輸出入の手続きのプロフェッショナルである通関士に興味のある人へ、通関士の仕事内容や通関士への転職方法をご紹介します。

通関士とは

貿易関係を結んでいる外国と取引をする際に、税関を通る品物の検査を行い、税関から輸出入の許可を得る手続きを「通関手続き」と言います。

これらの仕事は非常に複雑で、専門的な知識を必要とします。

そのため輸出入者に代わって、通関業者で働く専門の資格を有する「通関士」がこれらの手続きを行います。通関士は、貿易に携わる仕事の資格としては唯一の国家資格になります。

例えば、航空便で日本に着いた品物は、通関手続きを終えなければ飛行機から降ろすことができません。輸出の際にも、手続きを終えていない品物を、飛行機に積むことはできないのです。

いわゆる「密輸」というのは、これらの通関手続きをすることなしに、国内に持ち込む犯罪行為のことを言います。

したがって、通関士の仕事は、輸出入においてとても重要であり、なくてはならない仕事だといえます。

通関士になるには

通関士になるには、国家資格である「通関士」の試験を受験して合格する必要があります。通関士試験には、年齢や学歴などの受験資格の制限がなく、基本的には、通関士を希望するものは誰でも受験することができます。

実際に試験に合格すれば、通関業者に就職をして、その通関業者が税関へ「通関士」として登録申請をします。そこで税関長の承認を受けることで、初めて通関士として働くことができます。

したがって、通関士の試験に合格した人全てが、すぐに通関士の仕事をできるというわけではありません。しかし通関士の資格を有しているということは、通関に関する詳しい知識を持つ証明になることに間違いありません。

通関士へ転職するには

通関業者にもよりますが、転職による中途入社も可能です。ただし実務経験がないものが採用されても、現場においてすぐに通関士として実務に当たることは、とても難しいと言えます。

まずは通関士のもとで、通関従業者として実務経験を積みながら、通関の仕事がどういうものなのかを実際に経験し、その後に晴れて通関士としての仕事ができるようになります。

しかし、中途採用の強みとして、それまでの社会経験で得た人との対応術や実務経験が、新社会人よりも長けているというメリットがあることを忘れてはいけません。

未経験でも大丈夫?

未経験でも通関士への転職はできます。ただし、通関士として働くのであれば、まずは「通関士」の資格を取得することは必須です。

通関士の資格試験は毎年約10000人ほどが受験します。その合格率は10%前後。最近では通関士の人気が高まり、受験者の急増により試験の難易度も上がっています。

通関士の試験は3科目あり、合格基準は、原則的に3科目それぞれが60%以上の正解率は必要です。どれか1科目でも60%を下回ると不合格になりますので、満遍なく知識を身につける必要があります。

通関士への近道

通関士に合格したのちは、通関業者へと就職をして、通関課に配属されて講習や実務を学びます。そして通関士としての知識や実務を身につけたのちに、ようやく通関士としての仕事ができるようになります。

一方、多くの転職者が行なっている方法で、まずは通関業者に転職をして、ある程度経験を積んだのちに通関士の試験を受験をするという方法があります。

実際に通関業者に配属後、ある程度実務経験が積めるので、受験の際にもその実務経験が十分に活かされるメリットがあります。

さらに一定期間通関事務を経験することで、試験の一部が免除されますので、この方法を選択する方が通関士になる早道になるといえます。

しかし、いずれにしても簡単にはなれない職業であることを認識する必要があります。

通関士を志す人たちへ

通関士のは、世界を相手にする仕事としてとても魅力的で、面白みのある仕事です。

それは決して平坦な道のりではありませんが、通関士を志す人たちにとっては、やりがいのいっぱい詰まった道のりです。少しでも通関士に興味があれば、まずは一歩足を進めてみてはいかがでしょうか。

ライター