プログラマーの年収・給料まとめ(平均・初任給・階級別給料) 

プログラムの作成などを行うプログラマー。プログラマーと聞くと、高給取りな職業というイメージがありますが、一体どのくらいもらっているのでしょうか?

今回はプログラマーの年収、給料についてまとめてみました。

今回の記事を読むことで、プログラマーについてよく知らなかったという人でもプログラマーについて知ることができるかもしれません。

プログラマーの年収、給料

プログラマーの平均年収は320万円~500万円となっています。初任給はだいたい20万円です。

プログラマーの年収は安定した年収ではありません。なぜなら、年間の業務の忙しさによって大きく年収が変わってしまうからです。

忙しい時には残業は当たり前の業種です。しかし、かならず残業代が支払われているかというとそうではありません。残業代が支払われなかったり、安かったりするところもあるようです。

そのため就職する際には、残業代について事前に確認しておく必要があります。

年齢別の年収をチェック

プログラマーの平均年収、また給料を年齢別にみていきましょう。

・20代前半 平均年収239万円 給料15万円
・20代後半 平均年収248万円~298万円 給料18万円
・30代前半 平均年収227万円~327万円 給料20万円
・30代後半 平均年収269万円~373万円 給料23万円
・40代前半 平均年収299万円~420万円 給料26万円
・40代後半 平均年収348万円~470万円 給料29万円
・50代前半 平均年収394万円~504万円 給料31万円
・50代後半 平均年収389万円~499万円 給料31万円
・60代前半 平均年収240万円~499万円 給料21万円

だいたいこのくらいとなっています。プログラマーの年収が思ったよりも低く、驚いているといった人もいるのではないでしょうか。

年収が低いプログラマーですが、主任になると360万円、係長になると448万円、課長になると592万円、部長になると655万円となっています。役職につけば年収はぐっと上がるようです。

年収をアップさせるには

会社に勤務しているよりも、会社を立ち上げた方が年収がアップする可能性があるでしょう。

独立しフリーランスでやっている人の中には1000万円以上稼いでいる人もいるそうです。

しかしそれは仕事あっての話。プログラマーは浮き沈みの激しい業界です。うまくいかない可能性も高く、最悪借金だけが残ってしまうこともあります。

また海外で働くという選択肢もあります。日本と海外ではプログラマーに対する扱いが違います。

海外で働くプログラマーは、日本の倍以上の年収を貰っているんだそうです。しかし、それだけ日本よりも高度な技術が求められます。

プログラマーになるには

プログラマーになるために資格などは必要ありません。IT系の専門学校を卒業し、プログラマーになるというイメージが強いですが、IT系の専門学校に行っていなることは可能です。

また、プログラマーは理系出身の人の仕事というイメージがありますが、文系の人でもプログラマーになることは可能です。やる気があればだれでもプログラマーになることができるといって過言ではありません。

どんどんIT化が進化し、需要が高まっています。今後ますますプログラマーの需要は高まってくると考えられるでしょう。

Tags

ライター