通訳の給料まとめ:会議通訳者になれば年収1000万円も夢じゃない!

通訳とは、外国人と日本人の間に立って言語のサポ―トを行う仕事です。例えば海外アーティストが日本に来てテレビ番組などに出演する時に、横や後ろについて通訳している人をよく見ますよね。

通訳はさまざまな場面で活躍できる素晴らしい職業です。そこで今回は通訳の平均年収、給料についてまとめました。

通訳は一体どのくらい給料をもらっているのでしょうか。気になるという方はぜひチェックしてみてください。

通訳の年収、給料

通訳の平均年収は400万円~1,000万円となっており、給料は50万円が平均です。

初任給の相場は20万円です。ちなみに、アテンド通訳など初心者でも可能な通訳の場合、日給は3万円となっています。

なかなか安定しないのが現状

通訳の仕事で正社員として勤務というのはあまりないそうで、ほとんどの通訳が依頼を受けて通訳を引き受けるといった感じなんだとか。そのため収入は不安定です。

仕事が定期的にあるわけでもないので、通訳のみで生計を立てるのはなかなか難しいようです。そのためアルバイトをしながら通訳としての仕事をしている人もいます。

通訳経験の少ない人には仕事が回ってくることが少ないため、なかなかキャリアを積むことができないのが現状です。

最も多いのが、派遣会社に登録し仕事をもらうという働き方です。仕事内容としては、旅行会社のツアーの同行をする方が多いと言います。海外ツアーの場合、通訳は必須です。

ツアー会社によって異なるようですが、1日のガイドツアー料金は1万円~3万円が相場のようです。長期間のツアーに同行した場合はまとまった収入を得ることができます。

レベル別給料

通訳の給料は通訳者のレベルをもとに決められます。

最も高いAランクは10年以上のフリーランス経験がある人です。国際会議の同時通訳、政府間協議などでの通訳も行うと言います。会議通訳者として業界で知られている人に限りますが、平均日給は6万~6万5千円です。

フリーランス5年以上のBランクはVIP付き通訳、記者会見、インタビューの通訳などを行います。一般通訳で経験を積んだ方で平均日給は5万~5万5千円です。AランクBランクくらいになれば通訳の仕事のみでも生活できるでしょう。そしてC、D、Eと続きます。

地域別の平均給料

最も高いのが東京となっています。しかし平均20万円~50万円と差が大きいです。

2020年の東京オリンピック開催に向けて東京ではさまざま準備をしているので、今後東京オリンピックに向けて通訳の需要は高まっていくだろうと予想されます。

年収をアップさせるのは難しい?

通訳できる言葉を増やすことができれば年収はアップするのではと思われます。一般的に英語や韓国語など喋ることができる人が多い言語の場合は年収安いようです。それに比べて、フランス語や中国語は話せる人が少ないので年収もやや高くなっています。

マイナーな言語であれば単価が高くなることがありますが、なかなか需要がないようです。やはり定番の言語で活動していくしかないでしょう。

通訳になるためには

通訳になるためには語学力を磨かなければなりません。また聞き取るリスニングの力も重要となります。独学で学んでいくか、留学し現地の言葉に触れ学ぶという方法があります。

民間の通訳者養成スクールに通うという手もあります。通訳を基礎から学ぶことができ、逐次通訳そして同時通訳までできるように学んでいきます。

通訳の人は帰国子女であったり留学経験がある人がほとんどで、現地の言葉でコミュニケーションを取れる人が有利なようです。

Tags

ライター