漁師の年収・給料まとめ(平均・業種別など):マグロ漁船の給料は?

海の男といえば漁師です。魚介類を水揚げする漁師はとてもハードな仕事で、体力が必要となります。

そこで今回はそんな漁師の年収、給料についてみていきます。一体漁師はどのくらいもらっているのでしょうか。業種別の年収も紹介します。

漁師の仕事に興味があるという方はもちろん、そうでない方も参考までにぜひチェックしてみてください。

漁師の平均年収は?

漁師の平均的な年収は260万円となっています。260万円ってかなり低くない?と思われた人は多いでしょう。

漁師は魚の取れ高によって年収が上下するので安定していません。よく取れる時には跳ね上がりますが、まったく取れない時は下がります。

また漁師の年収は、雇われているのか個人なのかによっても変わります。漁師の多くは漁業組合に入って漁業を行っています。

漁業組合では定期的にお金がもらえるので、組合に入ることを選ぶ漁師が多いです。

一方自営業の漁師は漁業組合に入っている漁師より年収は多いです。しかし取れ高が悪ければお金になりません。どちらにもメリット、デメリットはあるようです。

業種別の年収

漁師は業種によって年収が違います。どんな業種があるのか、そして年収についてチェックしていきましょう。

遠洋漁業

遠洋漁業とは大型船に乗って世界各国の海に行きかう漁業のことをいいます。

マグロ漁船という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。マグロ漁船がこの遠洋漁業と呼ばれています。

遠洋漁業は1度海に出ると1年ほど帰ってくることができません。かなりハードな仕事と言えます。

その分年収は高く、船長の場合は1,000万円以上なんてことも。家族が居れば別ですが、独り身の人などはお金を使うことがないのでかなり貯金は貯まるそうです。

ちなみにカニ、マグロ、カツオ、イカの漁船はお給料が良いんだどか。

沿岸漁業

遠洋漁業とは異なり近くの海で漁業を行います。

沿岸漁業の場合は比較的年収は高くはないようです。しかし水揚げ高が多いとその分年収は高くなります。そのため毎月の収入にばらつきがあるようです。

沿岸漁業の場合、自然災害によって影響を受けます。台風がくると海に出るわけにはいきません。また災害によって海に出ることができなくなったという場合もあります。

漁師が収入を増やすには

沿岸漁業を行っている漁師の多くは水産加工などの副業によって収入を増やしているそうです。

干物を作ったり、飲食店を経営したりする方もいるんだとか。沿岸漁業は収入が安定しないので、収入を増やすための工夫をしている方が多いです。

また資格を取って収入をアップさせることもできます。漁師に資格はいりませんが、航海士の資格、関士の資格、三級海技士の資格を取得することで収入をアップさせることができます。

漁師になるには

漁師になるのに資格いりません。健康な人であれば誰でも漁師になることができます。船酔いに強い方だとなお良いですね。

漁師になる方法は、近くに漁業を行っているところがあるなら直接訪ねてみるといいでしょう。また親、友達、親戚などが漁師で誘われて漁師になったという人もいます。コネで入った人が多いんだとか。

近くにない、コネもないという人は、全国漁業就業者確保育成センターが主催している、就業支援フェアに行きましょう。直接漁業の人と話すことができ、面談を行うことが可能です。

Tags

ライター