憧れの客室乗務員!意外と低い年収・給料まとめ

世界中を飛び回る客室乗務員はいつだって女の子の憧れの職業です。かっこいい制服を着てばっちりメイクをして、さっそうとハイヒールで歩く姿に見とれてしまう方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はそんな客室乗務員の年収・給料についてまとめてみました。業種別の年収や年齢別の年収についてもまとめています。客室乗務員になりたいと思っている方はもちろん、そうでない人もチェックしてみてください。

客室乗務員の年収・給料

客室乗務員の平均年収は470万円、平均給料は29万円~39万円ほどです。

客室乗務員は高給取りのイメージが強い方が多いかもしれません。しかし最近はあまり高くないようです。その背景には航空業界の競争の激化により、利用料を安くしているので、客室乗務員の給料が下がっているんだそうです。

もしかすると今後さらに安くなる可能性もあります。

客室乗務員の業界別の年収

客室乗務員の年収は、業界によって異なります。

・国内大手航空会社 平均年収540万円
・外資系航空会社 平均年収490万円
・LCC(格安航空会社) 平均年収430万円
・コミューター航空会社 平均年収370万円

だいたいこのくらいのようです。国内大手航空会社での勤務が最も年収が高くなっています。格安航空会社の年収が低いのは納得でしょう。

国内大手航空会社別に平均年収を見ていくと

・JAL(日本航空) 平均年収588万円
・ANA(全日本航空) 平均年収430万円

となっています。飛行機というとやはりすぐに思い浮かべるのはこの2つでしょう。圧倒的にJALの方が年収が高いことが分かります。

客室乗務員の年齢別年収

年齢別の客室乗務員の年収をみていきましょう。

・20代前半 平均年収268万円 平均給料16万円
・20代後半 平均年収284万円~334万円 平均給料20万円
・30代前半 平均年収267万円~360万円 平均給料23万円
・30代後半 平均年収315万円~419万円 平均給料26万円
・40代前半 平均年収350万円~471万円 平均給料29万円
・40代後半 平均年収405万円~527万円 平均給料33万円
・50代前半 平均年収455万円~565万円 平均給料35万円
・50代後半 平均年収450万円~560万円 平均給料35万円
・60代前半 平均年収281万円~560万円 平均給料23万円

だいたいの平均はこれくらいなんだそうです。最も年収が高い年代は50代であることが分かります。20代は低いようです。

給料以外の特別手当やボーナス

客室乗務員には他の職業にはない、特別な手当があります。

その一つが「乗務手当」です。これはフライト時間に比例してつく手当のことで、例えば1時間1000円の乗務手当があるとすると、10時間のフライトをすれば給料とは別に10,000円もらえることになります。

また、「ステイ手当」というものがあり、これは宿泊1泊についての金額が設定されていて、宿泊が多くなればなるほどステイ手当は多くなります。客室乗務員にとってこの「ステイ手当」は大きなものであり、会社の待遇の差はここに表れるようです。

ボーナスは夏と冬の年2回あり、前年度の業績によって賞与があります。

客室乗務員になるためには

女の子の憧れの職業である客室乗務員。以前はスチュワーデスと呼ばれていました。

客室乗務員になるためには、航空会社の採用試験に合格しなければなりません。しかしこの採用試験ですが毎年行われているわけではないようです。

何年も募集をしていない航空会社や、募集している航空会社でも数名のみであることが多く、かなりの倍率となっています。客室乗務員は人気の職業なので毎回採用試験には多くの人が応募するようです。

客室乗務員になるために資格は必要ありません。しかし外国の方と触れ合う機会が多いので基本的な英会話はできた方がいいといえるでしょう。中国語ができるとなおよいです。

また客室乗務員というと美人でスタイルのいいイメージを持っている人が少なくないでしょう。しかし実際に見た目の条件はありません。

基本条件としては日系航空会社で158センチ以上、外資系で160センチ以上という目安の身長制限はあるようです。これは機内の荷物置きに手が届かないということを防ぐためです。

Tags

ライター