秘書の給料事情:付く人により年収1000万円越えもあり!

業務のサポートを行う秘書。さまざまな知識が必要となり、まさに縁の下の力持ちです。

業務内容は幅広くハードな仕事となっています。今回はそんな秘書の年収、給料についてまとめてみました。

一体、秘書はどのくらい給料をもらっているのでしょうか。議員秘書である公設秘書、私設秘書について別々に紹介します。

秘書の仕事に興味のある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

秘書の年収

秘書の平均年収は未経験の人だと250万円~350万円が平均となっています。

秘書の仕事内容は専門性が高いため、一般の事務などよりは年収が高い傾向です。そのため女性に人気の職業となっています。

正社員としての働き方もありますが、派遣社員として働くという方法もあります。時給にすると1,500円~2,000円が相場のようです。

男女で年収が変わる?

秘書というと若くてきれいな女性がなっているというイメージがあります。確かに秘書は女性が多く若い方が多いです。

しかし、議員秘書などは男性ばかりです。そのため、秘書は女性だけでなく男性も活躍できる仕事であるといえるでしょう。ちなみに男女別の年収ですが、男性の方がやや高いようです。

それは、男性が主に活躍している公設秘書の年収が高いからだと思われます。

公設秘書・私設秘書の違い


どちらも議員につく秘書のことをいいます。

公設秘書は国会議員は1人につき3人までつけることができ、公設秘書の給料は国から払われています。政策担当秘書の年収は670万円~860万円が最も年収が高く、公設第一秘書が554万円~860万、そして公設第二秘書が432万~634万です。

年数が上がるにつれ年収は上がっていき、ボーナスや退職金をもらうことができます。しかし、失業保険は貰うことができません。

そして、議員が自由につけることができる私設秘書。私設秘書は何人いても問題ないそうです。私設秘書が若くてきれいな人であることが多いです。

多くの人が持つイメージの秘書です。私設秘書の給料は議員が出しているので平均は分かりません。付く議員によって給料の差が生じます。

ちなみに、公設秘書はなろうと思って簡単になれるものではありません。しかし、私設秘書は一般で募集している場合もあり、大阪や東京では求人誌に載っていることがあるようです。

年収1000万円越えを目指すなら

外資系企業の秘書なら高い年収を期待することができます。外資系企業の場合、外国語は話せることは絶対条件です。英語だけではなく他の中国語や、韓国語、フランス語なども話せた方が良いでしょう。

国内企業でも、秘書の年収が1000万円を超える場合があります。しかし、それは役員年収が1億円を超えるような大企業の話です。

創業者の社長の秘書などであれば年収1000万円も夢ではありません。しかし、簡単になれるものではないのでやはり秘書で年収1000万円は厳しいでしょう。

秘書になるには

秘書になるために公的な資格はありません。しかし、民間の秘書検定が一般的な資格といっていいでしょう。

ファイリング、会議に関する基礎的な知識、一般常識、ビジネスマナーが出題されます。1級の資格取得率は33%です。

また、秘書検定以外にもビジネス電話検定、日商簿記、MOS検定、TOEICなど履歴書に書くときにアピールできる資格はたくさんあります。多くの資格を取得しておきましょう。

Tags

ライター