職場別の薬剤師を辞めたい4つの理由:対人ストレスが多い

薬のスペシャリストである薬剤師。薬局で働く薬剤師は1日にたくさんの人の処方箋の説明、販売を行わなければなりません。

薬局のほかに、製薬会社、研究施設やドラックストアなど職場はさまざまで、抱える悩みやストレスに違いがあります。

今回は、薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由をまとめました。職場別の辞めたい理由、職場が違っても共通する悩みを合わせて紹介していきます。

現在の職場に悩みを抱えている薬剤師の方は、転職サイトで求人を探してみるのも良いかもしれません。マイナビ薬剤師では勤務地や業務内容を絞り込んで、資格を活かした求人を探すことができます。

マイナビ薬剤師をチェックする

薬剤師共通の悩み:人間関係のトラブル

薬剤師の職場は女性を中心に多く活躍しています。女性ばかりの職場あるあるですが、人間関係が大変です。

多くの所にベテランのお局さんがいます。お局さんに嫌われてしまったら働きづらくなってしまいますよね。いじめられてしまうなんてことも…。人間関係が嫌になり辞めたいと思う方が多いようです。

薬剤師は薬局で働いていることがほとんどで、1つの職場で働いている薬剤師の数は多くありません。

少ない人数だからこそ、一度人間関係が面倒になるとずっと居ずらくなってしまうのです。人間関係の悪い職場で働くのは精神的に苦痛なのでしょう。

人間関係がきつく、ストレスで身体を壊してしまう方もいるようです。

製薬会社や研究施設:残業が多い

薬剤師は薬局で働いている人の他に製薬会社や研究施設で働いている方もいます。

町にある調剤薬局などは、残業は比較的ありません。しかし、製薬会社や研究施設には残業がつきものです。忙しい時期には家に帰る暇がないということも…

残業があまりに多いので、子供を出産し産後戻ってこようとしても戻れる環境ではありません。もっと子育てしながらでも働ける環境で働きたいと思い、転職を考える人が多いのです。

調剤薬局:顧客対応がストレス

薬局で長い時間待たされたことはありませんか?薬局は少ない人数で運営しているので時間がかかってしまいます。

そのため、待ち時間が長くてイライラしている人が多いです。そのようなイライラした人は薬剤師に当たってきます。

もちろん嫌な顧客もいます。そのような嫌な顧客の対応にストレスを感じる人は多いでしょう。

急いでいるからといって薬の説明を聞かずに、もらってお金を払ってすぐに帰っていくという自分勝手な人も多いそうです。嫌な顧客の対応はストレスになることでしょう。

薬剤師は薬の知識も必要ですが、薬局で働く場合は人とコミュニケーションをとることも必要となります。

そのため、人とコミュニケーションをとることが苦手だという方は、顧客対応を非常にストレスに感じるのでしょう。

ドラッグストア:休みがとりづらく、勤務時間が長い

薬剤師は、ドラックストアなどの薬を販売しているところでも働いています。

ドラッグストアの場合、何人も薬剤師を雇っているということはあまりないので、1人または2人の薬剤師が交代で入るということが多いようです。

薬は薬剤師がいないと販売することができないので、薬剤師の勤務時間が長くなってしまうこともあります。ドラックストアの営業時間が長いと大変でしょう。

またドラックストアなどで働く人を中心に、薬剤師は休みをとりづらい人が多いようです。出産し産後戻ってくる方もいるでしょう。しかし、子どもの急な体調不良などで仕事の休みが必要な時もあります。

休みがとりにくいため、子どものことを考えると他の職場を探そうと転職する人が多いようです。

悩みの解決策:自分にあった環境の職場を探して転職する

一口に薬剤師と言っても、さまざまな職場があるため業務内容や勤務形態の差が大きいのが現状だと言えます。ライフスタイルの変化とともに仕事をする上での優先事項も変化するはずです。

現在の職場特有の悩みがあるなら、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。

薬剤師の求人を調べるなら、マイナビ薬剤師という転職サイトがオススメです。

求人だけでなく転職セミナーや相談会の情報、転職の体験談なども載っています。専門のアドバイザーの意見を聞きながら転職を進められるのが良いところです。

悩みを抱える薬剤師の方はぜひチェックしてみてください。

マイナビ薬剤師をチェックする

Tags

ライター