ヨガインストラクターの年収・給料まとめ:平均年収は320万円程度

女性を中心に注目されているヨガ。女性のみが行っているイメージがありましたが最近はヨガを始める男性も増えているんだとか。ヨガを教えているのがヨガインストラクターです。

スタイルがよく美人な人が多いイメージで憧れている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ヨガインストラクターの給料があまり分からない人も多いはずです。そこで今回は、ヨガインストラクターの年収、給料を紹介します。年齢別にどのくらいもらっているのかもまとめているので、ぜひチェックしてみて下さい。

ヨガインストラクターの年収・給料

ヨガインストラクターの平均年収は320万円、平均給料は20万円~26万円となっています。

ヨガインストラクターの年収は働き方によって変わってきます。大手ヨガスタジオにあるヨガスタジオで勤務する場合と東京都のヨガスタジオで働く場合の初任給は17万円なんだとか。

東京の大手スタジオでこのくらいの初任給なので、地方のヨガスタジオだともっと低いとみて間違いないでしょう。

またヨガインストラクターはフリーランスで働くという働き方もあります。フリーランスで働く場合はヨガスタジオやフィットネスクラブなどと契約し1レッスン単位で報酬を受け取るというシステムになっています。

どちらの方が年収が高いのかというのは人によるようです。一般的にボーナスがあるので正社員の方がいいような気もしますが、フリーランスでも人気のインストラクターはヨガスタジオに引っ張りだこなので年収が高いという場合もあります。

ヨガインストラクターの年齢別年収、給料

年齢別の年収、給料をみていきましょう。どのように変わっていくのでしょうか。

20代前半 年収182万円、給料15万円
20代後半 年収227万円、給料18万円
30代前半 年収249万円、給料20万円
30代後半 年収284万円、給料23万円
40代前半 年収320万円、給料26万円
40代後半 年収358万円、給料29万円
50代前半 年収384万円、給料32万円
50代後半 年収380万円、給料31万円
60代前半 年収259万円、給料21万円

平均なのでもちろんこれより安い高いはあると思います。大手ヨガスタジオの正社員の場合はこのように勤続年数が上がることで給料は上がってくるようです。しかしフリーランスの場合は年齢に応じて給料が上がるということはありません。

業種別の年収は?

ヨガインストラクターは、さまざまな場所で活躍しています。どこで働くのが年収が高く、おすすめなのでしょうか。

ヨガスタジオは年収350万円、フィットネスクラブは年収320万円程度です。さらに、スポーツジムは年収280万円、派遣ヨガインストラクターは年収250万円となっています。

最も年収が高いのはヨガスタジオでした。大手であればあるほど給料が高いんだとか。フリーランスの人は人によるのでヨガスタジオの350万円よりも高い年収の人もいるようです。

ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターには国家資格などの資格がありません。そのため誰でもなることができる職業と言えます。そうはいってもヨガの知識がなければヨガインストラクターにはなることはできません。

ヨガインストラクターになるためには養成講座を受講するなどして勉強する必要があります。通信講座でも勉強することが可能です。ヨガといってもさまざまな流派があるので自分がどんなヨガを教えたいのかきちんと固めておくといいでしょう。

Tags

ライター