司書の年収・給料まとめ:意外と体力が必要!

図書館で活躍している司書、図書館を利用したことがある方は関わったことがあるのではないでしょうか。

本に囲まれて仕事をしたいという方には、魅力的な環境で働くことができる理想の職かもしれません。

今回は司書の仕事について、そして司書の気になる年収について紹介していきます。司書として働きたいと考えている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

司書の職場

司書が働く職場として最も多いのは公立の図書館です。公立図書館は、地方公共団体によって運営されています。

誰でも利用することができますが、貸し出しは地域の住民に限定しているところが多いです。

図書館というと静かにしなければならない、ある程度落ち着いた年齢層の人が行くところで子供はNGな雰囲気がありました。

しかし最近は、子供を呼び込むためにキッズスペースを作ったり絵本の読み聞かせを行っている公立図書館が増え、利用者の年齢の幅も広がっています。

公立図書館以外に、小学校、中学校、高校、大学の図書館も司書の職場です。このように、主に図書館で働くことになります。

司書の年収・給料の平均

司書の年収・給料は雇用の状況によって違います。

地方自治体の職員として採用された司書の場合、地方公務員という立場になります。産休やボーナスもあり、年収は300万円前後です。

非正規の場合は、200万円~250万円程です。非正規の場合はボーナスがないため、もっと低い場合もあります。非正規の司書の給料は、時給換算で1,000円~1,500円程度と言われています。

しかし地方は800円や900円のところも多くあり、年収200万円いかない場合も少なくありません。

派遣の司書の場合、時給1,000円~1,500円程度のところが多いです。そのため地方の人は派遣で働くという方も多くいます。

司書の仕事

司書というと、図書館のカウンターでだらだらしているだけで給料を貰える楽な仕事だとイメージする方が多くいますが、実際はそうではありません。

司書の仕事は、非常に専門性が高く、苦労が多いです。図書館にある膨大な本から、なにを聞かれても答えることができるよう、就職後も常に勉強が続きます。また、新しく入荷した本や返却の本の移動などである程度体力も必要です。

専門職としての苦労に加え、来館者の対応といった接客業の要素もあるため、給料に見合っていないと感じてしまう方も少なくありません。

その一方、幅広い年齢の方と関わりを持つことができ、本に囲まれた魅力的な環境で働けるなど、魅力も多くあります。本や人と関わることが好きな人にはステキな職場でしょう。

司書になるための条件

司書になるには、図書館司書の資格を取得する必要があります。図書館司書の資格は、大学や短大で司書養成科目の単位を取得しなければなりません。

また、高校卒業後司書補講習を受け司書補となり3年以上の実務経験を積んでから司書講習を受講するといった方法があります。

しかしながら、これらの条件をクリアして司書になれたとしても働き口がない場合が多いです。なかなか空きがでず、空きがあっても非正規職員での採用という場合が多いです。正職員で司書として働くのは難しいでしょう。

司書に向いている人

本が好きな人、人が好きな人が司書に向いています。司書は人と触れ合う仕事です。そのため本だけでなく、人と関わるのが好きでなければ辛いです。人と誠実にコミニケーションを取ることができる人に向いています。

また地道な作業が得意な人にもおすすめします。司書の仕事には正確さ、容量の良さ、根気強さが必要です。当てはまる要素があれば、司書の仕事を検討してみるのも良いでしょう。

Tags

ライター