公認会計士の給料・20代〜60代の平均年収まとめ:初任給は500万円以上!

会計のプロフェッショナルとして会計事務所や監査法人、企業で働いている公認会計士。今回は公認会計士の年収、給料についてまとめました。

年齢別・役職別年収とともに、パートやアルバイトとして働く人の時給も紹介します。

公認会計士は一体どのくらい給料をもらっているのでしょうか?公認会計士を目指している人はぜひチェックしてみてください。

公認会計士の年収、給料

公認会計士の平均年収は800万円~1000万円となっています。

日本の大企業で働く人でも年収は平均600万円です。公認会計士がいかに高給取りであるかが分かるでしょう。国家資格を持っていないと働くことができない公認会計士は会計のプロフェッショナルです。監査やコンサルティングや税務などの業務を行います。

年齢別年収

公認会計士の年齢別の年収をみていきましょう。

・20代前半 平均年収527万円 給料33万円
・20代後半 平均年収657万円 給料41万円
・30代前半 平均年収722万円 給料45万円
・30代後半 平均年収824万円 給料51万円
・40代前半 平均年収926万円 給料58万円
・40代後半 平均年収1037万円 給料64万円
・50代前半 平均年収1112万円 給料69万円
・50代後半 平均年収1101万円 給料68万円
・60代前半 平均年収750万円 給料46万円

国家資格である公認会計士は、1年目でも年収500万円以上が期待できるそうです。初任給でこれだけもらえる職種は少ないでしょう。

ちなみに役職別では、主任になると年収795万円、係長になると年収998万円、課長になると年収1300万円、部長になると年収1440万円となっています。

公認会計士の働き方

公認会計士の働き方として、正社員以外にパートやアルバイトもあります。

パートやアルバイトになると年収が下がるのが一般的ですが、公認会計士の場合、一般的な仕事と比べると高く設定されていることが多いです。パート・アルバイトでも時給1000円~1200円はもらうことができるんだとか。

子育て中などで正社員で働くと時間が厳しいという方にとっては、良い働き方だといえるでしょう。

年収をアップさせるには

公認会計士は、企業に勤めていても高収入ですが、中にはもっと高い年収を求める人もいます。

独立して個人で会計事務所を開いたり、コンサルティング業界に進出したりなど活躍すれば、年収アップに繋がるでしょう。

しかし、すべての人がそれで年収をアップさせることができるわけではありません。失敗するリスクがとても高いです。

公認会計士の魅力

公認会計士は福利厚生が充実している会社がとても多いです。育児や介護による休業制度を設けているところが一般的で、女性が活躍しやすい職業であるといえるでしょう。

そして会社によっては、スポーツクラブや会員制の別荘を格安料金で使用できるそうです。また会社によってさまざまな特典を用意しているところも多いんだとか。

公認会計士になるには

公認会計士になるためには、まず公認会計士試験に合格しなければなりません。その後2年間の実務経験、実務補習所での単位取得を得て最終試験に合格すると公認会計士になることができます。

公認会計士は国家資格です。弁護士になるのと同じくらい難しいと言われています。だからこそ年収が高く、また福利厚生も充実しているのでしょう。

Tags

ライター