税理士への転職を成功させる方法4選:40代での転職も可能?

税理士の仕事はとてもやりがいのある仕事です。給料もいいので資格を取って、税理士に転職したいと思っている人もいるかもしれません。

そこで今回は、税理士への転職を成功させるための方法について紹介していきます。転職を成功させるための方法は全部で4つです。全てチェックし、税理士への転職を成功させてください。

自分の人生は1度きりです。あの時ああしておけば良かった、と後悔しても遅いのでやりたいことがあるのなら挑戦してみましょう。

国家資格を取得

まずはじめに、税理士の資格を持っていますか?当たり前ですが、税理士の資格がないのに税理士への転職は成功しません。

毎年夏になると税理士試験が行われ、税理士試験に合格した人が税理士の資格を取得することができます。ちなみに、税理士資格は大学や短大卒、また日商簿記1級を持っている人、全経簿記上級合格者に受験資格が与えられます。

税理士試験の合格率はとても低いです。難易度が高く何度挑戦しても合格できないという人もいるほど。しかし、税理士資格は科目合格の仕組みを採用しています。

簿記論、財務諸表論の2科目、そして所得税法、法人税法、相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税の中から3科目の合計5科目の試験に合格しなければなりません。

1年で5科目ではなく何年もかけて5科目合格にまでこぎつけたという税理士も多いです。税理士に転職したい方は働きながらでも税理士試験を取得する必要があるでしょう。

8月の転職を狙うのがおすすめ

税理士試験は毎年8月に行われます。それに伴い、税理士試験前にいい人材を探している企業の競争がはじまります。そのため、税理士の求人は8月に集中して多いようです。

税理士に転職しようと考えている人は、8月の求人数が多い時に税理士試験の受験や転職先を探すのがおすすめです。

ちなみに、税理士として働いている人の中には5科目全てに合格し税理士資格を取得していない人もいるようです。しかし、それでも1科目~3科目くらいで合格している人が多いです。

また、転職してすぐの未経験者は、記帳代行の業務を任されることが多いです。そのため簿記論、財務諸表論という必須科目の2科目は取得しておいた方が転職しやすいでしょう。

簿記検定1級を取得している場合も採用されやすいようです。

転職エージェントを利用する

転職者にとって心強い味方となるのが転職エージェントです。税理士の専門転職エージェントもあります。

自分が合格した科目や働きながらでも、資格試験を受けることができる環境なのかなどの相談に乗ってくれ、鬼謀に沿った求人を紹介してくれるので、安心して転職活動を行うことができます。利用料はかかりません。

税理士への転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するという方法が賢いでしょう。

面接で聞かれるであろう質問の答えをきちんと考えておく

転職となれば必ず聞かれるのが「なぜ、前職から転職しようと考えたのですか?」でしょう。特に税理士は専門的な仕事なので、転職となればかならず聞かれるでしょう。

マイナスなことばかり言ってはいい印象に捉えられないので、前向きにこのような理由から御社に就職したいということを伝えることができるようにしておきましょう。

転職理由としては「やりたいことは〇〇なのですが、前職ではやりたいことができませんでした。」などといった理由でいいでしょう。

前職でできなかったことをやりたいといった理由でいいと思います。前向きな人材を欲しいと思っているところが多いです。

Tags

ライター