弁護士の給料・年齢別年収:給与格差が広がる理由とは

国家資格を持つ法律の専門家である弁護士は、倍率の高い司法試験を乗り越えてきたエリートです。年収が高いと思っている人は多いでしょう。

しかし、実際には弁護士の年収は年々落ちていると言います。給料に個人差が大きく、格差が広がっているのが現状のようです。

今回は弁護士の年収、給料についてまとめました。一体弁護士はどのくらい給料をもらっているのでしょうか。弁護士の仕事に興味のある方はチェックしてみてください。

弁護士の年収、給料

弁護士の平均年収は1200万円となっています。

しかし今弁護士は飽和状態となっており、年収はピンキリのようです。有名で予約が取りづらいような弁護士やテレビで活躍するような弁護士であればかなりの額を稼いでいるでしょう。年収5000万円を超えるというような弁護士も中にはいるようです。

弁護士といえば高給取りというイメージが強いですが、知名度がなく仕事のない弁護士の場合、年収は300万円にも満たないという場合もあります。

年齢別年収

弁護士の年齢別の年収を見ていきましょう。

・20代前半 平均年収630万円
・20代後半 平均年収785万円
・30代前半 平均年収862万円
・30代後半 平均年収984万円
・40代前半 平均年収1106万円
・40代後半 平均年収1238万円
・50代前半 平均年収1327万円
・50代後半 平均年収1316万円
・60代前半 平均年収895万円

となっています。しかしこのように年齢が上がるにつれ年収が上がるケースが一般的というわけではなく、個人差が大きいようです。

ボーナスも法律事務所などに務めていれば貰えるかもしれませんが、職場によってはボーナスがないところもあるかもしれません。もちろん独立し開業している場合、ボーナスはないです。

弁護士の年収は地域によっても異なります。最も高いのが東京で、最も安いのが沖縄、宮崎なんだそうです。差はなんと700万円にもなるんだとか。

役職別年収

主任クラスの平均年収948万円、係長クラスになると平均年収1181万円、課長クラスになると平均年収1560万円、部長クラスになると平均年収1725万円です。

あくまで平均ですがこのように高収入となっています。

年々弁護士の年収が落ちているって本当?

高収入のイメージの強い弁護士ですが、実は年々弁護士の平均年収は落ちているのだそうです。その理由は弁護士が飽和状態にある事が大きいでしょう。

お金を持っている人は高額でも有名な弁護士に依頼しますが、みんながそうではありません。少しでも安く済む弁護士を探している人は多いのです。そのため、知名度の低い人は依頼をしてもらえるように料金を下げています。

また弁護士は一時期好景気を迎えていました。過払い金請求ブームです。一時期話題になった過払い金は、弁護士にとっては稼げる仕事でした。しかしブームが去ってしまった今は収入が落ちこんでしまっているというわけです。

弁護士は弁護士会に登録しているため登録料を支払わなければなりません。年間で60万円です。収入が少ない人でも絶対に支払わなければならない登録料を払うので精一杯という弁護士もいます。

難易度の高い司法試験を合格し弁護士になれてもすぐに稼げるようにはならず、稼げないまま高い登録料を払い続けていくという人もいるのです。

弁護士の年収は今後さらに格差が広がっていくでしょう。

Tags

ライター