パイロットの年収・給料まとめ:役職別の平均収入も紹介!

飛行機やヘリコプターの操縦を行うパイロット。パイロットは昔から男の子の憧れの職業です。

そこで今回はパイロットの年収・給料についてまとめてみました。パイロットというと高収入なイメージがありますが実際はどうでしょうか。

パイロットになりたいと思っている方はもちろん、そうでない方もぜひチェックしてみてください。パイロットについてより深く知ることができるでしょう。

パイロットの平均年収、給料

パイロットの平均年収は1500万円となっています。給料は平均で112万円です。

JALやANAなどの大手航空会社の場合は平均2000万円となっています。しかし大手でなく新規参入の航空会社や中堅の航空会社の場合、平均年収は800万円となっています。パイロットでも年収1000万円に満たない場合は少なくないようです。

年齢別の年収

パイロットの年齢別の年収は以下の通りです。

・20代前半 平均年収370万円
・20代後半 平均年収800万円
・30代前半 平均年収913万円
・30代後半 平均年収998万円
・40代前半 平均年収1383万円
・40代後半 平均年収1486万円
・50代前半 平均年収1389万円
・50代後半 平均年収1230万円
・60代前半 平均年収1239万円

パイロットの年収は、勤続年数が上がるにつれ上がる傾向にあります。ちなみに機長は40代が最も多いです。そのため40代の年収が最も高いのだと考えられます。

初任給は300万円~350万と民間企業よりやや高め程の年収ですが、20代後半になると年収は跳ね上がります。

役職別年収

機長の平均年収は2300万円、副操縦士の年収1500万円、教官の年収が400万円~800万となっています。

ちなみに、国内線や国際線で年収の差はないようです。一見国際線の方が年収がいいような気がしまが、実際は国内線と変わりはありません。

業種別年収

JALやANAなどの航空会社のパイロットの平均年収は800万円~2000万円、テレビや新聞社などの報道取材のパイロットは1180万円、自衛隊などのパイロットは960万円、物質輸送や農薬散布などのパイロットは870万円となっています。

やはりJALやANAなどの大手航空会社の年収はいいようです。JALやANAの機長がもっとも年収が高いということで間違いないでしょう。

ちなみに自衛隊のパイロットは、年齢や階級によって年収が異なります。高卒の場合は3曽、2曽、曽長と階級が上がっていきます。そして防衛大学を卒業した場合3尉、3佐、2佐と階級が上がっていくのです。

もちろん高卒よりも防衛大学を卒業した方が年収は高いようです。

パイロットになるためには

パイロットになるために航空大学へ行く人は多いです。航空大学を卒業後、航空会社の自社養成パイロットの採用試験を受け合格するという方法がポピュラーです。

また、航空大学でない一般の大学を卒業しても、パイロットの採用試験を受けることができます。しかし、やはり航空大学で知識を得た人の方が合格率が高いです。全国からパイロットを目指す人が集まるため、倍率が高いです。

パイロットに向いている人とは

パイロットに向いている人は健康的な人です。

なぜなら、「航空身体検査」があるためで、最低でも半年に1度この身体検査をうけます。この基準を超えないと仕事ができません。だからこそ、健康的な人が向いています。

また、協調性がある方もパイロットに向いています。パイロットという仕事はただ飛行機を操縦するだけではありません。整備士やキャビンアテンダント、グランドスタッフなど多くのスタッフ達と協力して、初めて飛行機が空へと飛びだてるのです。

彼らとのコミュニケーションをとりまとまり、協力していかないといけません。だから協調性が必要となります。

そして、行動力ある方も向いています。反対に言えば、受け身の人にはパイロットに向いていません。自分から判断し行動する行動力が必要です。

飛行中は、危険な悪天候や飛行機内のトラブル解決などたくさんの問題に直面するでしょう。だから、それらの問題を解決できる行動力が必要となります。

パイロットの魅力

パイロットの一番の魅力は綺麗な空を見れることです。上空1万メートルから見えるその空は、空気が薄いため星は、雲に隠れずとても綺麗に輝いています。

そして、何本の流れ星を見たり人工衛星がゆっくりと燃え尽きる様子を肉眼で見ることもあるそうです。パイロットになれば、普段私達が見ている空とはまた別の空を見ることができます。

記事の著者

仕事・キャリアの悩みをもっと見る