ウエディングプランナーの給料まとめ:平均年収や初任給はいくら?

新郎新婦の幸せな1日のプロデュースを行うウエディングプランナー。結婚式は一生忘れない思い出の日になります。そんな一生の思い出の日をサポートすることができるなんてとっても素敵な仕事です。

そこで今回はウエディングプランナーの年収・給料についてまとめてみました。ウエディングプランナーは一体いくらもらっているのでしょうか。ウエディングプランナーに憧れている人はぜひチェックしてみて下さい。

この記事を見てウエディング業界に転職したい!あるいは今よりも条件の良い職場で働きたいと感じた方は大手転職サイト『リクルートエージェント』に登録してみましょう。

転職することが決定していなくても、職務経歴や希望条件を登録しておくと企業や転職エージェントからオファーが届くので、その中から自分に合うものを探すことができます。

リクルートエージェントに無料で会員登録する

ウエディングプランナーの年収・給料

ウエディングプランナーの平均年収は250万円~450万円となっています。平均給料は32万程度です。

ウエディングプランナーの仕事は、長年勤めているにつれ年収がアップする傾向にあるようです。ちなみに初任給は月18万円程度となっています。手取りだと月15万円前後ということになるようです。

ウエディングプランナーの働き方

ウエディングプランナーには、結婚式場などに務める場合とフリーランスとして働く場合とがあります。

務めているよりもフリーランスの方が年収は高いようで、平均年収は600万円となっています。しかしフリーランスのウエディングプランナーはよほど人気なウエディングプランナーでない限りやっていくのは厳しいそうです。

ウエディングプランナーは結婚式のプロデュースを行っています。多くの人は結婚式場に務めているウエディングプランナーに頼みます。もしフリーのウエディングプランナーにプロデュースしてもらおうとするなら、別途で料金がかかってしまいます。そのためわざわざお願いする人は少ないようです。

ウエディングプランナーは激務?

ウエディングプランナーは離職率が高いとも言われています。その理由としては、給料と労働時間が見合ってないことがあげられます。

細かく見ていきましょう。

残業時間が長い

ウエディングプランナーは結婚式が行われる時間にもよりますが、式の当日または前日には早朝出勤、深夜勤務といったことがあります。

式の当日は、朝から深夜まで準備や司会、片付けをしなければならないので残業時間が100時間を超えることもありとても大変です。

職場によっては早朝や深夜に働くことの手当てがつくところもあるようです。しかし手当てがつかないという場合もあるようです。

そのためウエディングプランナーとして働く場合、また転職の場合は手当のところをよくチェックするようにしましょう。交通手当があるかないかも重要なポイントです。

今後年収が下がる可能性も

近年結婚式を挙げる若者は減ってきています。そのため結婚式場やホテルの売り上げは落ちてきています。

結婚する年齢が高くなっていることもあり、結婚式を挙げないとする夫婦も多いようです。

結婚式はお金がかかるので資金に余裕がなければ厳しいです。そのため今後のウエディングプランナーの年収はもしかすると下がっていくかもしれません。

ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーになるにはウエディングについての知識を学ぶ必要があります。大学や専門学校にあるブライダル学科を卒業しホテルやブライダル会社に就職となります。

ウエディングプランナーは経験がものをいう仕事です。そのためいくら勉強してきたからといってすぐにウエディングプランナーとして働くことができるわけではありません。

最初は他の業務をし、だんだんとスキルアップしウエディングプランナーを目指すといったことになります。

ウエディングプランナーは憧れの職業なので、なりたいと志願している女性はとても多いです。そのため狭き門となっていますが、就職が心配という方は、転職サイトに登録して、その道のプロにアドバイスをもらうのもおすすめ。

大手転職サイト『リクルートエージェント』は、その業界に特化したアドバイザーが面接書類の書き方から面接の突破の仕方まで、転職を成功させるためのノウハウをていねいに指導してくれます。

言いづらい給与交渉などもアドバイザーが代行してくれるので、初めての転職でも安心です。

リクルートエージェントに無料で会員登録する

Tags

ライター