アナウンサーと合コンする方法3選と注意点:幅広い人脈作りが大切!

いつの時代も常に憧れの職業の上位に来るアナウンサー。

最近ではニュースを読むだけではなく、タレントとしても活躍するアナウンサーが多くなり、テレビで目にする機会も増えました。

合コンを多く経験していると、イケメンで利発的な男性の代表格であるアナウンサーと合コンしてみたいという女性もいるのではないでしょうか。

アナウンサーは、芸能人と違いテレビ局に勤務している一般のサラリーマンの1人です。今回は、そんなアナウンサーと知り合うためにどのような方法があるのかを紹介します。

テレビ局に勤める社員と仲良くなる

局にもよるが、テレビ局には毎年の新卒の入社数は50名前後です。そうなると1つのテレビ局には30歳、入社8年目までの社員が、3割退職したとしも、在籍数は約280名となります。

東京で考えるとNHK、日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京の6社あり、在籍数は合計で約1,600人以上です。

そのうちの1人と何とか知り合えれば、その人脈をたどってアナウンサーにたどりつく可能性も高くなります。

これまでの人脈の中でテレビ局に勤めていた、あるいは勤めていた経験のある人を探して連絡をしてみましょう。SNSで探してみたら、意外と身近に該当者がいるかもしれません。

テレビ局近くの居酒屋で待ち伏せ

テレビ局で働く社員との人脈をつくるために、目当てのテレビ局近くの居酒屋に多く行くことも効果的です。

いきなりアナウンサーは来なくても、テレビ局関係者と会える可能性は多分にあります。まずは居酒屋の店員と仲良くなって、テレビ局関係者がよく店を訪れるか聞いてみると良いでしょう。

テレビ局関係者同士で居酒屋に来ていることも多く、チャンスがあれば知り合いになれるかもしれません。店員に顔つなぎしてもらうのも一つの方法です。

ただし、テレビ局の仕事は不規則で夜遅くなることも多いので、彼らと会うためには、会うまで諦めないという忍耐が必要です。

運よく知り合うことができたら、仲良くなってゆくゆくはアナウンサーとの合コンを開いてもらえるようにもっていきましょう。

マッチングアプリを使う


マッチングアプリも男性の知り合いをつくる上で有効な手段の一つです。

その中でも、Pairsなら職業別に男性を検索できるので、職業条件をマスコミにして、相手とのやり取りの中でテレビ局の関係者なのか確かめ、そうであれば一度会ってみましょう。

マッチングアプリでは本人確認は身分証の写真アップロードのみで、社員証や源泉徴収票等の確認はないことから、職歴詐称している人もゼロではないです。

会えたら上手く名刺や社員証を見せてもらってテレビ局の社員であることを確認すると良いでしょう。

テレビ局関係者の男性と知り合えれば、上手くお付き合いしてさまざまな人脈を紹介してもらう中で、アナウンサーにたどりつけることもあります。

因みに、職業アナウンサーでも検索できますが、アナウンサーで登録している男性は少なく真偽も怪しいところです。時間はかかりますが、マスコミ関連の男性から徐々に人脈を作っていくことが良いでしょう。

Pairsでマスコミ関連の男性を探す

アナウンサーと合コンする上での注意点

アナウンサーは仕事の時間帯が不規則で、朝早く、夜遅くなることが多くあります。また、日頃から緊張感のある現場で働いておりストレスも多く抱えている仕事です。

もし彼らと運よく合コンできることになったら、相手の都合に極力合わせて開催し、相手に合コンして良かったと思ってもらえるように楽しく居心地の良い会にしましょう。

彼らに高く評価してもらえたら、他のアナウンサーを呼んでまた次回、合コンをセッティングしてもらえるかもしれません。

アナウンサーと出会うためには人脈が何より大事

今回は、アナウンサーと合コンする方法3選と注意点を紹介しました。

アナウンサーといきなり合コンのセッティングは難しいですが、テレビ局関係の人と知り合い、友達を着実に増やしていくことによって最終的にアナウンサーと合コンできる可能性は高まります。

アナウンサーと出会いまでは、一見ハードルは高いですが頑張るだけの価値はありそうです。そのためには女性的、人間的魅力を高めて確実に目標を達成するようにしましょう。

Tags

ライター