人付き合いによるストレスの原因は?対策方法まとめ

人の社会ではコミュニケーション能力が問われ、人付き合いが悪いと、なかなかスムーズにコミュニケーションをとることが難しくなります。

そのような日常に、あなたは疲れていないでしょうか。疲れには原因があります。

この記事では、人付き合いによるストレスの原因と対策方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

人付き合いによるストレスの原因

自分に自信が持てない

あなたは、全ての言動を自分らしくできているでしょうか。

もしかすると、興味のない流行についていかなければいけないと思い込んでいたり、何事も人の言いなりになったり、雰囲気に合わせてばかりということはないですか。

他者と自分を比べることで、自分のほうが劣っていると感じてしまうと、たとえ違う意見を持っていても、それを伝えることが怖かったり、しまいには面倒になってしまうものです。

責任感が強すぎる

上記とは逆に、他者をリードしていかなければと、気疲れしていないでしょうか。

自分が頑張って話を盛り上げなければいけないとか、グループをまとめていかなければならないからと、積極的に意見を出し、人付き合いにおいて責任感を強く抱きすぎているかもしれません。

ストレスの対策

他者は他者、自分は自分という気持ちを持つ

無意識のうちに、他者と自分を比べてしまっているのかもしれません。

比較の対象として他者を選び、自分が劣っているもしくは、まとめていかなければならないと感じるのは自分を認めてあげていない証拠でもあります。それと同時に他者を信頼していない証拠とも言えます。

人付き合いは、ストレスを抱えるためのものではなく、楽しむことで得ることがたくさんあるものです。

他者は他者、自分は自分と再認識した上で、自分を表現しても、大丈夫という割り切りが必要です。

自分自身を大切にする

これは、他者のことを受け入れないという意味ではありません。

むしろその逆で、他者の「個」を受け入れつつ、自分らしさを大切にしていくということです。

自分を大切にできなければ、本当の意味で他者を大切にはできません。

もっと自信を持って自分をさらけ出していくと、意外にも他者もこれまでとは違う面を出してくることが多いのです

質問と自己開示のバランスをみてみる

他者に対して、気がつけば自分のことばかりを話していた経験はないでしょうか。

逆に、他者に対して何個も質問を投げかけて聞き出していたりはしませんか。

人付き合いにおいて、どちらも極端だとストレスになります。しかし、人付き合いではどちらも必要なことなので、ストレスが溜まっていると感じたら、自分が上記のどちらが多いのかに気づくということも必要なことです。

Tags

ライター