30代後半で婚活を始めてみよう!結婚を叶える3つの方法

30代後半…アラフォーと呼ばれる世代にもなってくると、「もう自分には結婚なんて無理かも」と思ってしまうでしょう。

確かに独身のまま30代の後半を迎えてしまった人の多くは、結婚を諦めてしまうと言います。婚活を頑張ってきた人でも、疲れてしまい結婚に気が進まなくなってしまうのです。

でも、そのまま結婚を諦めてしまうのはやはり嫌だという人も多いでしょう。周りの友人を見れば、幸せな家庭を築いている人はたくさんいるでしょうし、自分もそうなりたいはずです。

では、30代後半を迎えた人にとって、どのような婚活方法が好ましいのでしょうか?今回はおすすめの婚活方法を紹介します。

アラフォー向けの婚活サイトを利用する

若いうちから婚活サイトを利用して婚活を頑張ってきた人にとっては、婚活サイトを利用するのはもう疲れた…という人も多いでしょう。

でも、30代後半を迎えた今、もう全年齢の人が利用するような婚活サイトを利用するのは終わりにして、今度は「同世代に特化した」婚活サイトを利用してみるのはいかがでしょうか。

同世代の人と出会えることにはかなりのメリットが期待できます。特に30代後半以降のシニア向けの婚活サイトなどは、誰もが「行き遅れている」ことにコンプレックスを感じているため、真剣な出会いを求めている人が本当に多いからです。

若い人もたくさん利用する婚活サイトは、どうしてもにぎやかし半分で利用する人や、結婚ではなく恋愛がしたいと考えて利用する人もいるものです。真剣な出会いはなかなか望めないところがあります。

その反面、中高年に向けた婚活サイトは真面目な結婚を意識した出会いにかなり期待が持てます。年を重ねている分、落ち着いた大人同士の出会いが楽しめるはずです。

結婚相談所を利用する

30代後半の婚活において、やはり利用を考えておきたいのは結婚相談所です。

本気で結婚を望むなら、自分に合った人との出会いをプロに任せてみるのもありでしょう。むしろどうしても良い人が見つからない人はぜひそうするべきです。

結婚相談所は婚活サイトなどと比べると会費などもかなり高額になるところが多いですが、その分素敵な人を紹介してもらいやすいのが大きな魅力でしょう。

「本当に出会えるの?」と思って利用を始めた人でも、結婚相談所を通じて出会った人と結婚できたという例はかなりあります。どうしても結婚をあきらめきれない人は、ぜひ結婚相談所の利用も考えてみましょう。

親戚や職場のつてでお見合いする

どうしても理想的な人との出会いが望めない場合は、自分に合った人がいないかどうか、親戚や職場の先輩などに相談に乗ってもらうのも良いでしょう。

特に親戚などには、「まだ結婚しないの?それならいい人が…」と気を利かせてお見合いをセッティングしてくれる人がいるかもしれません。

30代後半を迎えてもなお結婚できていない人で、お見合い結婚を望む人は結構いるものです。年齢を重ねた分結婚にも慎重になってしまう部分はありますし、親戚や職場の人が信頼できると言ってくれる人なら安心できます。

今まで合コン、婚活パーティー、婚活サイト、結婚相談所などの方法しか思いつかなかった人は、ぜひ親戚などに相談してみると良いでしょう。

Tags

ライター