離婚しやすい婚活の特徴4選:妥協が結婚後を左右する!

幸せな結婚がしたくて、つい婚活に必死になりすぎてしまった経験はありませんか?

そんな人は、冷静に考えると条件の合わない男性を妥協して選んでしまい、結婚しても結果的に離婚してしまうケースが非常に多いです。

「結婚したけど失敗だった!」と後悔しないためにも、離婚しやすい婚活の特徴を知ることがまず大切です。そして、自分の今までの考え方を少し変えるなど対応策を考えることで、自分の思う幸せな結婚に一歩近づけるでしょう。

そこで今回は、離婚しやすい婚活の特徴について紹介していきます。特に婚活に興味のある人、婚活真っ最中な人はぜひ参考にしてみてください。

婚活して離婚するのが怖いとという方は結婚相談所での婚活をおすすめします。プロが客観的に相性を判断してくれますし、離婚に対しても様々なケースを見てきているため、離婚しないためのアドバイスももらえて安心です。

ゼクシイ縁結びカウンターをチェックする

恋愛結婚とお見合い婚の離婚率

離婚しやすい婚活の前に、離婚率が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?中には、婚活の方が離婚率が高いかも、と不安に思う方もいるかもしれません。

実は婚活結婚の方が離婚率が低い傾向にあります。

全国仲人連合会の調査によると、日本全体の離婚率が30%、内恋愛結婚の離婚率が30%。一方お見合い結婚の離婚率は10%と、恋愛結婚よりも低い数値が出ています。

それでは、結婚後パートナーと円満に過ごすためにも、どんなことに気をつけて婚活をすればいいのか見ていきましょう。

婚活して離婚する人の特徴まとめ

受け皿が広すぎる

婚活は理想が高すぎると失敗すると言われがちですが、逆に理想が低く、受け皿が広すぎるのも問題はあります。

「私に合う男性なら誰でもいい」と考えていると、相手の人柄や本当の良さに目がいかないまま、結婚を決めてしまうことがあるのです。

受け皿を広げる姿勢はある程度必要ですが、希望する条件が何もなさすぎるのも良くないことです。相手の男性にどんどんペースを持っていかれてしまい、結果として全く望んでいなかった人と結婚することになってしまうことがあります。

そして結果として離婚することになってしまっては、「何のために頑張って婚活したんだろう…?」と虚しくなることは目に見えています。

結婚したあと後悔しないためにも、婚活する上で相手に求める年収、価値観など最低限でも自分のここだけは譲れない!というポイントを決めましょう。

ステータスだけで相手を選ぶ

あなたは何を重視して結婚相手を選びたいと思うでしょうか。顔、性格、経歴、収入など、相手に求める条件はたくさんあるものですが、その中でも何を重視するのか人により異なります。

しかし、傾向として結婚相手の男性を自分のステータスとしか思えない女性は、結婚しても離婚に繋がってしまうケースがよくあります。

つまりそのような女性は、婚活においても相手の経歴や収入ばかりを重視してしまうことが多いのです。相手の人柄や性格などを見ずに婚活してしまった人は、結婚にはこぎつけられても、その後はすぐ離婚を選んでしまいがちです。

男性を自分のステータスとしてみるのではなく、結婚後一緒に過ごしたい人を選びましょう。そのためにも、結婚後はどう生活したいか?など、お互いの理解を深めることで結婚後のギャップを無くし、結婚後も円満に過ごせるようになります。

結婚前にデートを重ねない

どんなに素敵そうに見える人でも、何度も会ってデートを重ねなければ、その人の人となりは見えて来ないものです。

結婚相談所や婚活パーティーで良い人と意気投合してしまうと、ついお互い舞い上がってしまい、あまりデートを重ねず結婚を決めてしまう人がいます。

早く結婚したい気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。結果として離婚に繋がってしまうことこそが一番の失敗ですので、冷静にその人が本当に素敵な人なのか見極めるため、結婚前にデートは何度も重ねるようにしましょう。

相手の家庭の事情を確認していない

結婚はお互いだけの話ではありません。お互いの家族まで関係してくる話になりますので、もちろん結婚を考えるなら、相手の家族構成や家庭の事情をしっかりと把握しておく必要があります。

ですが、婚活に必死になりすぎてしまうと結婚に急いでしまい、相手の家庭の事情を確認せずに「まあいいか」と結婚を決めてしまう人も少なくありません。

家庭の事情を把握しておかなければ、後々困るのは自分自身です。実は相手の両親との同居ありきの結婚だった、相手の家族に多額の借金があったことを後から知る可能性も考えられます。

特に婚活がなかなかうまくいかず、もどかしい思いを続けていた人は、相手の家庭事情を確認せず結婚してしまうことが顕著です。

相手の家庭のことは、あらかじめお付き合いをしている間に知っておく必要があるでしょう。定期的に連絡をとったり、デートで会った際に家族について質問してみて、情報を集めましょう。

以上離婚しやすい婚活の特徴を4つまとめました。

婚活といえば短期間のスピード婚をイメージするかもしれません。しかし、デートを重ね相手のことを知ることや積極的にコミュニケーションをとることで、結婚後も結婚生活がうまくいくでしょう。

離婚率が低い婚活なら結婚相談所

上でもお見合いでの結婚は離婚率が低いと紹介しました。そのため、お見合いに近い形の結婚相談所も離婚率が低いのです。さらに、結婚のプロが相性の良さそうな男女を引き合わせてくれるため、お見合いよりも理想の相手と出会えます。

結婚相談所の価格の高さが気になる方は「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめです。どこよりも活動しやすい価格でお見合い料や成婚金もかかりません。

一人ひとりにアドバイザーがつき、悩みを聞いてくれます。アドバイザーは、様々な理由で離婚した夫婦の話など豊富な情報を持っているので、結婚後の離婚について不安な方は、無料相談会でアドバイザーの話を聞いてみましょう。

無理な勧誘は一切なく、個室で結婚相談のプロと話せるので、結婚に対する疑問や不安がある方は、ぜひ足を運んでみてください。

ゼクシイ縁結びカウンターをチェックする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る