お見合い相手の年収が低いときの対処法まとめ:お断りするタイミングも

あなたはお見合いをしたことがありますか?最近では少なくなったとはいえ、釣書を持ってくる面倒見の良い人があなたの周りにもいるはずです。

お見合いのメリットには、釣書によって相手の詳細なプロフィールが事前に分かることが挙げられます。一方、お見合いのデメリットは、仲人さんの顔を立てようとして、断るのが難しくなることが挙げられるでしょう。

特に、お見合い相手の年収が想像以上に低かった場合などは悩んでしまうかもしれません。しかし、日本の男性の年収の現実を本当に知っていますか?

今回はお見合い相手を断る前にもう一度考えるべきこと、断る際の注意点などをご紹介します。年収にこだわった婚活をしたいという方は結婚相談所に行ってみると良いでしょう。

中でも「ゼクシィ縁結びカウンター」は価格がどこよりもお手頃で、入会1か月以内に約8割がデートを成立させるという実績も誇るのでおすすめです。

ゼクシイ縁結びカウンターをチェックする

婚活における男性の年収の現実

日本の男性の平均年収は420万程度と言われています。しかし、その平均には年収1000万円以上の人も含まれ高く見えているのです。実際の年収を知るためには中央値の方が正確でしょう。日本人の年収の中央値は約350万円です。

つまり、年収350万円くらいの人が割合的に一番多いのです。さらに、年収の高い人はすでに結婚していることが多いので、婚活市場においてはさらに低い年収となるでしょう。

それを踏まえた上で、お見合い相手が本当に年収が低いのか考えてみましょう。

婚活における年収について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック:婚活で女性が求める年収まとめ:年収500万円以上は高望み!?

お見合い相手の年収が低い時の対処法

世帯年収を考える

あなたが働いているのなら、世帯年収で生活設計してみましょう。もちろん、あなたが妊娠したらしばらく働けなくなるので、子育て期間中に必要な預金の額も忘れてはいけません。

そして、共働きで生計が維持できるのであれば、それ以上の年収を男性に求めるのは高望みと言うものです。お見合いに限らず、最初から専業主婦として生活できる程度の年収がある男性と出会うのは、難しいという現実を認識しましょう。

相手の職業の安定性を考慮する

次に、相手の職業の安定性はどうでしょうか。たとえば公務員は、大規模なリストラの心配もないですし、福利厚生や年金も充実しているので、ほかの職業より年収が低くても将来設計を立てやすいメリットがあります。

そこで、単に年収の額だけでなく、その年収を今後も安定的に維持し続けることができるかを検討しましょう。とくに地方では、一旦失業すると再就職が難しいという現実があるので、安定性の高い職業のメリットは都市部よりも大きいです。

相手の金銭感覚を把握する

お金にルーズな人だと、いくら年収が高くても手元に残る金額は少ないでしょう。その意味で相手の金銭感覚を知ることは重要です。

金銭感覚は、趣味や外食の頻度から推測することができます。すなわち、高額な費用が必要な趣味を持っている場合や、外食の頻度が多い場合には注意が必要です。

一方、お金に堅実な人であれば、年収は低くても身の丈に合った水準の生活ができるでしょう。また、お金をかけない趣味を共有できたら、2人の生活もきっと楽しいものになるはずです。

年収以外の長所を知る

最後に、年収以外の項目で相手の長所を探しましょう。たとえば、誰に対しても面倒見が良い、家事や育児に協力的である、趣味・嗜好が似ているといったところが考えられるでしょう。

これから一緒に生活をするのですから、年収が高い男性と結婚すれば良いと言うものではありません。年収が低いことをカバーできる長所がある男性なら、結婚生活も楽しいものとなるでしょう。

お見合い相手の年収が低くて断る場合

これまでの4項目を検討しても「やっぱり無理だ」と判断したら、お見合いをお断りするしかありません。ただし、年収を理由にお断りするのは相手に失礼なので、何か理由を考える必要があるでしょう。

お断りする理由は何でもよいのですが、中途半端な断り方はしないことです。仲人さんは断られることに慣れていますから、中途半端な断り方では強引に話を進められる可能性があります。「この人とは結婚できない」とはっきりと意思表示をすることが必要です。

しかし、仲人さんに、紹介してくれたことに関する感謝とお断りすることの謝罪は忘れずに伝えましょう。

また、お断りする場合は、できるだけ早くした方が良いでしょう。上の4項目で必要な情報のほとんどは釣書に記載されているので、初顔合わせの前にお断りするのがベストです。断るにも誠意を持った断り方を心がけてください。

年収を求めるなら結婚相談所

結婚はしたいけど、やはり相手の年収が低すぎると結婚できないと感じる方は結婚相談所で確実な婚活をしましょう。

結婚相談所であれば、前もって年収の条件を伝えることができますし、お断りする場合も担当者を通してなので、理由を考える必要がなくなります。

結婚相談所の中では特に「ゼクシィ縁結びカウンター」がおすすめです。活動しやすい価格や出会いまでのスピードなど多くの魅力があります。何より、情報豊富なプロのアドバイザーが丁寧に相談に乗ってくれます。

無料相談会では、個室で結婚のプロに話を聞くことができます。婚活における年収のことなど、なかなか人には聞きづらいことや知る機会が少ないことをプロに直接聞いてみませんか。

無料相談会では「ゼクシィ縁結びカウンター」への無理な勧誘は一切ないため、ぜひ悩み相談のつもりで気軽に足を運んでみてください。

ゼクシイ縁結びカウンターをチェックする

記事の著者

結婚・離婚の悩みをもっと見る